R&CROSS

RONDO(株式会社ロンド)が運営するウェブストア「R&CROSS ONLINE STORE」。国内外より厳選された雑誌掲載ブランドが豊富。パトリックやニューバランス・アディダスなどスニーカーブランドも多数。DUVETICA・WOOLRICH・LAVENHAMなどのアウターも充実です。

  1. ホーム
  2. 粉ユキ菓子創作室
  3. 焼き菓子のご紹介 4




・いちごホロン~

いちごのギュッと詰まったような繊細なお菓子。

ドライいちご使用・無香料・無着色です





・抹茶ホロン~

お抹茶のギュッと詰まったような、繊細な焼き菓子です

純粋な抹茶をたっぷりと使用。無香料・無着色のお菓子





・ラムレーズン&ショコラのケーキ

~自家製ラムレーズンをたっぷり使用した、

ほろっと口どけの良いチョコレートケーキです




・オレンジ&ショコラのケーキ

~ラム酒の香る、ほろっと口どけの良いチョコレートケーキ。

無農薬・自然栽培の手作りはっさくピールをたっぷと

使用。

R and CROSS

CATEGORY

BRAND

NEW ENTRIES

焼き菓子のご紹介 4

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

・いちごホロン~ いちごのギュッと詰まったような繊細なお菓子。 ドライいちご使用・無香料・無着色です ・抹茶ホロン~ お抹茶のギュッと詰まったような、繊細な焼き菓子です 純粋な抹茶をたっぷりと使用。無香料・無着色のお菓子 ・ラムレーズン&ショコラのケーキ ~自家製ラムレーズンをたっぷり使用した、 ほろっと口どけの良いチョコレートケーキです ・オレンジ&ショコラのケーキ ~ラム酒の香る、ほろっと口どけの良いチョコレートケーキ。 無農薬・自然栽培の手作りはっさくピールをたっぷと 使用。

焼き菓子のご紹介 3

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

・サクサクいちご ~いちご味のメレンゲ菓子。 サクサク軽い食感とドライいちごを使用したナチュラルないちごの香りが◎ 甘さ控えめの、無香料・無着色です。 ・『紅玉』 ~青森産減農薬・特別栽培・無化学肥料で育てた紅玉を 使用したサクサクのドライリンゴです。 紅玉の野性味ある香り高さとキュンとした酸味が とっても美味しい。期間限定おやつ。 ※写真はまだないのですが、温州みかんのバージョンもあります。 ・バニラキプフェル ~三日月形が特徴の冬に出まわるドイツの定番クッキー。 くちどけの良い繊細な優しいクッキーです。 ・木苺のジャムサンドクッキー ~手作り木苺ジャムをサンドしたしっとり一体感のあるクッキー。 ねちっとしたジャムとしっとりクッキーがよく合います。

焼き菓子のご紹介 2

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

粉ユキ菓子創作室の焼き菓子のご紹介 ・クルミぼうる ~クルミがころころと入ったくちどけの良いスノーボールクッキー和三盆をまぶして風味豊かに仕上げました。 ・ほうじ茶ぼうる ~ほうじ茶の香るくちどけの良いスノーボールクッキー。 ・ミネラルcube ~穀物類やシードが豊富に入ったミネラル、食物繊維 たっぷりのシリアル系おやつ。 軽くおなかのすいたときなおどにもおすすめです。 ・ライ麦のクネッケン ~カチンと固い食感をかみしめるとライ麦の味わいが 広がります。 おやつ風にチョコレートを添えました。 スウェーデンでは軽食のパン替わりに食べられています。 ・ジンジャーショコラ ~くちどけの良いチョコレートクッキーに ジンジャーの砂糖漬けがねちっとからみます。 体もポカポカしてきます・・

焼き菓子のご紹介 1

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

こんにちは!粉ユキ菓子創作室です。 しばらくぶりの投稿です。 粉ユキ菓子創作室で作るお菓子には、定番の焼き菓子から季節限定のもの、イベント限定のものや「創作室」に あるように、ちょとしたアイデアや創造から生まれる、ちょっと変わったものなど、いろいろな焼き菓子があります。 種類はこれからも増えていくことと思いますが、少しずつ現在あるお菓子たちのご紹介をしていければと思います。 Rondoさんで並ぶ焼き菓子や、それ以外で見かけるかもしれない焼き菓子たちを知ってもらい、いつか購入するときの参考にしていただければと思います ^^ 粉ユキ菓子創作室の焼き菓子のご紹介                  サブレは定番の焼き菓子です ・ココナッツサブレ~ココナッツ本来の甘味やコクを感じられる、優しい味のサブレです。 ・ショコラサブレ~カカオ豆とチョコチップのたっぷり入った、チョコレートらしい味のサブレです。 ・ミルクティのサブレ~アールグレイの香る、ミルクティー味のサブレ。 ・ココナッツ&チョコレートのサブレ~ココナッツの優しい味とチョコレートの組み合わせがとってもよく合います。 ・抹茶のサブレ~お抹茶のしっかりと感じられる、あと味のスッキリとしたサブレです。 ・coffeeサブレ~オーガニックのコーヒー豆とチョコチップ入りのサブレ。 深煎りの香ばしいコーヒーの風味が口の中に広がります。

届いています♪

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

毎年手作りしている柑橘ピール類。 今年も広島県産の無農薬自然栽培の 柑橘類が届きました♪ 作っているのはレモンピールとはっさくピール。 粉ユキ菓子創作室の焼き菓子には欠かせない、 大切な素材です。 はっさくピールはちょっとめずらしい気もしますが、 柑橘類らしい、爽やかな香りや野性味のある 存在感が気に入っています。 大好きだとおっしゃってくださる方も多い レモンケーキやフルーツのケーキなど 今年もたくさん作っていきたいと思いますので、 お見かけする機会がありましたら ぜひ味わってみてください ^^ よろしくお願いいたします!

バニラキプフェル

粉ユキ菓子創作室 / FOOD

『バニラキプフェル』という三日月形のクッキーがあります。 口どけの良い、バニラの香るとっても繊細なクッキー。 数年前、夫の仕事によりドイツに2年ほど住んでいたことがあり、キプフェルはドイツの冬の定番のクッキーとして、クリスマスにむけての2か月ほど前からパン屋さんやお菓子屋さんに並んでいました。 冬のドイツのお菓子といえばシュトーレンというイメージもありますが、それに負けず劣らず出まわるのは、多種類のクッキーたち。 お店で買うばかりではなく、家庭でも多種類のクッキ類を作り、缶に詰めて家族で食べたり、プレゼントしたり。 雑貨屋さんなどでは、クッキーを入れるためのアルミのかわいらしい缶がたくさん並び、おうち用の缶や贈り物としての缶など、ウキウキと選ぶ楽しみもあったり。 キプフェルはそんなクッキーたちのひとつなのです。 そして、この口どけがよくて甘すぎない繊細なクッキーの大好きなわたしは、美味しいキプフェルを作るべく、ドイツにいるころからせっせとキプフェル作りに励んだのでした。 キプフェルは、ドイツ語で三日月の意味。 形もいろいろとためし、けっきょく割れにくいこの形に決めて、現在は粉ユキの秋冬の焼き菓子として、作っています。 12月にはRondoさんにお届けしました。 次回にお届けする2月1日にも、キプフェルをお届けする予定です。 よろしかたらぜひいかがでしょうか ^^ ドイツの、クリスマスツリーの市。 日本のお正月飾りの市を思い出し、なんだかなじみ深い気持ちになったことを思い出します。^^ よろしかったら、こちらもぜひ。 粉ユキ菓子創作室の活動日記 http://konakashi.jugem.jp/

LIST

RELATION ARTICLE関連記事/FOOD

hana・E salon(ハナエサロン)

かごめ とまこ / FOOD

雪…すぐに融けるかと思っていたけどうっすら融けてまた凍る。。。 ツルツル路面ですね!皆さん車の運転には十分気を付けて忙しい年末を乗り切りましょう~♪ とまこです(*゚∀゚) こちらのお店は週末のみ、ひっそりと営業しているカフェです(´∀`艸) 以前、ハル隊長さんから情報を頂いていましたが中々行く機会がなく現在に至ります。。。 1度チャレンジしたことがあったのですが、臨時休業でした(;´∀`) 住宅兼店舗はとってもくつろげる空間で、大きな窓からは列車を見る事ができます♪ ご近所の方の憩いの場所ですね(◍ ´꒳` ◍) 『hana・E salon(ハナエサロン)』 さん 小さなパフェ(550円)・コーヒー(500円)みのり…やや深煎り メニューはそんなに多くはないですが、手作りのプリンやパフェ、ぶどうの木さんの焼き菓子が頂けます。 コーヒーはお取り寄せの徳光珈琲さんの豆を使用しています♪ サービスでクッキー頂いちゃいました(o´▽`o) コーヒーはやや深煎りのコクのあるとっても美味しいコーヒーです☆彡 フルーツたっぷりです♪ 小さなパフェと書いてありますが、フルーツたっぷりのボリュームのある美味しいパフェでした(´∀`*) グラス底には自家製のいちごソース、中には畜大バニラアイス、そして生クリームにフルーツです♪ 今年は不作だったようですが、お庭で育ったいちごが通常乗るようです! メニュー メニュー 店内からの眺め♪ 店内 のんびり、まったりしたい時はぜひオススメな隠れ家的カフェです( *´艸`) ✤hana・E salon(ハナエサロン)✤ 住所:北海道中川郡幕別町札内北栄町38-3 電話番号:0155-29-3819 営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日~水曜日 byとまこ

豚丼のかしわ

ハル隊長 / FOOD

つ、ついに十勝でも雪が降りましたね(^^;) 今年は遅いな~と思っていたケド、ちゃんと冬がやってくる(汗) 降った朝の通勤時、橋の登りでハザードランプつけた大型トラックが、タイヤチェーンをかける作業してたのにビックリ(@_@) どうもハル隊長です。 私は自前のアブラ(脂肪)で、防寒面での冬支度はバッチリでーす(^^;) さて今回ご紹介するのは、地元民はご存知、今更感が否めないとは思いますが、豚丼のかしわ(音更町)です。 地元民は、外食でわざわざ食べない豚丼。 正直私も、某投稿サイトをしてなければ、食べないな~(苦笑) 豚丼を出すお店は、星の数ほど有るけれど(チト大げさ?)、私的にオススメなのは、こちらの豚丼です。 以前は更別で営業してましたが、そちらの本店はお孫さんに任せ、ご主人の生まれ故郷である音更に出店しました。 本店で使っていた焼き台を持ち込み、タレにつけた豚肉を2度、網の上で焼くのがこだわり(地元新聞に掲載されたのを自分口コミより引用) この日夜の部があったので、雪降って大渋滞も予想される中、段取りオバチャンは、会社の若人(わこうど)に豚丼ご馳走するからと、車を(家に)置きに行くのを手伝わせ、且つR&CROSSブログにUPするとゆう(笑) 290gの肉がのる「特大」食べても良いんだよ!と言ったけど、前日接待のアルコールが少々残っていたらしく、若人が頼んだ、炭火焼き豚丼(大)1250円 ちなみに彼も、移転しても行列の出来る豚丼屋より、好みだそう。 私は炭火焼き豚丼(小)780円 炭火の香り良く、程良い厚みあるけど柔らかい、豚ロースがウマし♪ メニューは豚丼のみ!の潔さ 夜の部なければ(中)食べたのにな~←痩せない理由(^^;) 皆さんは何派? 私は・・・やっぱ山椒が合うよね♪ 豚丼のかしわ 河東郡音更町新通20-1-29 0155-67-4466 10:30~15:00(Lo14:30) 定休日:木曜日 オマケ 本当はココ紹介しようかな…と思ったけど・・・ 野菜タップリで、オイシイ♪ケド、メニュー写真が上手く撮れなかったのと、色々ね(^^;) と、トマコさんもそうだと思うけど、オススメ出来る気がする!と訪問するも、お蔵入りのお店もあるという事で・・・

お食事の店 丸美

かごめ とまこ / FOOD

とまこです(*´▽`*)ゞ 今回ご紹介するのは全く情報もないまま突入したお店です! とっても美味しかったのでぜひご紹介したいと思います♪ 老舗のお店らしいのですが、知ってる方いますかね?あたしが知らないだけだったかも(;´∀`) 天気がよかったのでちょっとドライブで大樹へ向かいました(・∀・) お目当てのお店へ到着するも営業してる感じではなく、入口に近づくと、貼紙が・・・ 所用により13:30開店と(;・∀・) あらぁ~・・・さすがに2時間半も待てないので お隣の広尾に向かう事にしました♪ 感覚ではすぐ着く予定だったのですが、結局20kmもあったんですね~(;´∀`) で、以前に行ったお店へ向かっていたのですが、こちらのお店を発見し急きょUターン! 古くからやっている、地元で人気の食堂のようです。メニューを見ると「ししゃも」発見ヾ(*´ω`)ノ゙ 全く頭になかったししゃもでしたが、ちょうど伺ったのがまさにししゃもの旬の時季!(11月上旬訪問) これは頂かないわけにはいかないですよね~(´∀`*) 『お食事の店 丸美』 さん ししゃも定食(1380円) ししゃもづくしのししゃも定食です( *´艸`) 焼ししゃも 十勝港で水揚げされたもので、雄雌混合で一夜干しされています♪ 干された事によってギュッと旨みが凝縮されて、ホクホクでとっても美味しいです(*^m^) もちろん頭から尻尾まで全部頂けるのが嬉しいですね! スダチをかけるとまた違った味わいでとっても美味しいです☆彡 天ぷら 続いて天ぷらです。天つゆで頂きます♪ 焼きと違って衣をまとう事によってふわっふわに揚がってます( ´∀`) こちらは少し苦みがあって、これもまた大人の味ですね~♪ 刺身 そして、お刺身! 通年ししゃも定食は提供されてるみたいですが、旬の期間だけはお刺身も付きます∩(´∀`)∩ ししゃもの他には、松川カレイとホタテまで♪ 淡泊なししゃもに対して、脂の乗ったコリコリの松川カレイ!正直松川カレイに軍配が上がる(;´∀`) でもししゃものお刺身も身が締まっていて美味しかったんですけどね(´ω`) 甘露煮 甘露煮も柔らかくて美味しかったですね~(´∀`*) メニュー メニュー 店内 たまたま見つけて入ったお店でしたが、かなり大満足でした! 他にもたくさんメニューがあって、お隣では鍋焼きうどんを食べていてそちらも気になる(;´∀`) 前の席ではカレーかな?食べてました。長年地元の方に愛される食堂なんですね(´∀`) ✤お食事の店 丸美✤ 住所:北海道広尾町丸山通北1丁目31 電話番号:01558-2-3236 営業時間:11:00~19:45 定休日:火曜日 byとまこ

Osteria a.lConto(オステリア アル コント)

ハル隊長 / FOOD

トマコさん! 宅間孝行さんの舞台「あいあい傘」を観る札幌旅。 朝パフェから始まり、満喫♪してますね! どうもハル隊長です。 この観劇☆感激ツアー♡の模様は、トマコさんのヤプログで書かれているので、興味ある方はチェックですよっ。 https://yaplog.jp/kagome-tomako/1 さて今回某投稿サイトより先に紹介するのは、Osteria a.lConto(オステリア アル コント)です。 2018年11月12日にオープンのこちらのお店、月刊しゅんには、『ワインと日本酒が合う イタリアン×京料理』とあり、どんな料理が出てくるの?と、興味津々!(笑) オットが食べそうなものから選ぶのは 十勝産豆腐の紅白漬け500円 赤と白、付け合わせグリーンのコントラストが目を惹きますね♪ 赤は梅酢漬け、白は塩麹漬けと説明有り、水切った豆腐が、ちょっとチーズっぽい。 赤が結構しょっぱく、ドリンクがススム。 塩麹は赤ほど塩分キツく無く、オリーブオイルの風味! なるほど、和の豆腐、オリーブオイルがイタリアン? 季節野菜のカポナータ500円 自分で作るカポナータは、煮込んでクタクタになるけど、これは大振りに切ってあり、形がしっかりとしているので、各食材(別々に?)煮て、トマトソースと合わせたのかな。 サツマイモ・椎茸・牛蒡が和って感じ。 クタクタ茄子がウマイ♪ ローストビーフ 山わさびソース900円 モッツアレラに見えるけど、プルンとした白いモノは、豆腐でした(笑) 山わさびはオイルと合わせ、ちょっと辛味が飛んでますが、こんな使い方も! ローストビーフは牛の旨味あり、茗荷のピクルス、スライス玉葱と合わせさっぱりと。 たらこと牛蒡のスパゲティ 京七味風味1200円 乾麺か十勝産小麦の生パスタかを聞かれ、生パスタをチョイス。 これは意表をついて、生タラコを使ってますね~ 聞けば自家製カラスミのタラコ版らしく、スライスされた単体を食べると、少々ウエッティな珍味っぽい。 モッチリとした生パスタに絡みます。 出汁で別に炊いたゴボウ、彩りに水菜をトッピングし、七味でピリッと味を引き締めて、イケます♪ ビール中瓶は予想通り、アッと言う間に無くなったので(笑)、キャンティ クラシコ ボトル4200円を頼みましたが、1人4千円チョイとリーズナブル。 イタリアに(話から旅行でなく)行ったことがあり、京都のイル・ギオットーネ、直近ではDELI MARKET BERUWALA(デリ マーケット ベルワラ)にいたシェフが始めたお店です。 余談だけど、ベルワラと聞いた瞬間、週刊fitにシェフが載っていたのを思い出し、「アレアレ…折込チラシに(顔)載ってましたよね!(トシ取るとfitが出て来ず、アレアレに(^^;))」 「1年半くらい前に出させていただきました」との事で、いつもながらこの(食に関する)記憶力、仕事には全く活かせないのが…(苦笑) いずれは手打ちパスタを提供したいと話し、和とのコラボは地元では他にないので、私的には今後楽しみなお店。 平日はシェフ1人なので、ワインや会話を楽しみながら、料理を待つ感じになるかもです。 以前スイーツラボだった店内は、基本配置は変わってないらしい。 Osteria a.lConto(オステリア アル コント) 帯広市大通南10丁目15-2 イーダイニングビル2F 0155-66-7869 18:00~翌1:00 定休日:日曜