R&CROSS

RONDO(株式会社ロンド)が運営するウェブストア「R&CROSS ONLINE STORE」。国内外より厳選された雑誌掲載ブランドが豊富。パトリックやニューバランス・アディダスなどスニーカーブランドも多数。DUVETICA・WOOLRICH・LAVENHAMなどのアウターも充実です。

  1. ホーム
  2. ハル隊長
  3. プティ ジャルダン

Wow!
かっこう料理店、やっぱりトマコさん写真が綺麗だわ✨
同じお店アップすると、差は歴然(^^;)
https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=782

どうもハル隊長です。
本当に美味しくて、会計時に次回の予約もして行きたいお店!
今度はいつ行けるかな~

さて今回ご紹介するのは、プティ ジャルダンです。

こちらは、30年間色々なホテル勤務を経て独立したオーナーシェフの、「料理のライブ感を五感で楽しんで欲しい」と、オープンキッチンで作るところを見ながら、料理をいただけるようなお店となってます。
2017年4月にトマコさんがアップされて気にはなっていたけど、なかなか行く機会が(汗)
トマコさん訪問、ヤプログ記事
https://yaplog.jp/kagome-tomako/archive/990

用事で平日有給取ったので、ここぞとばかりに誘うは、友人Cチャン♪
午前の用事が押して、予約時間に遅れ(;^_^A アセアセ・・・

カウンター席のみ予約したので、違う物を頼んでも時間が大幅に違わないかを確認し、私:~本日のおまかせコース~ 2800円(税込)、Cチャン:ハンバーグステーキセット1600円(税込)


ごあいさつの一品:ローストビーフのサラダ
野菜は新鮮なのはモチロン、(自家製)フレンチドレッシングがメチャ好み❤
ローストビーフも、牛の旨味がギュッとして、ウマし。


本日おまかせの一品:とうもろこしの冷たいポタージュ
こんな器初めて見たわΣ(・ω・ノ)ノ!
とうもろこしの皮も飾りで使用、ポップコーンがシェフの感性かな。
当然とうもろこし自体の甘さ、ポップコーンの食感が楽しい。


パンはくるみのランプ製、くるみパンとバゲット
くるみのランプが音更に有った時は、パン買う頻度が高く、特にくるみパンがお気に入り♪
食べて直ぐ、くるみのランプのパンだ!と分かりました(ホントだよ!)


カウンター席に座れば、こんな感じで仕上げを見ることが出来ます。


肉料理:北海道産 豚フィレのコートレット、旬野菜のサラダ仕立て、ミラノスタイル
メインだ!肉だ!(笑)
細かいパン粉からは、バターの風味を感じ、サクッとナイフで切れます♪
ダイストマトの軽いマリネと合わせていただくと、サッパリとして美味!
どの料理も、ソース使いが上手な印象。


肉料理にプラスされるは、季節野菜で3品:紫茄子・アスパラ・新玉葱のエチュベ
野菜はシェフ自身が直売所などに行き、自分の目で確かめて選んだ音更産との事で、開店と同時に、希少野菜は争奪戦になるらしい(笑)
私も良く行く直売所だけど、紫茄子は見たことないわ(遅いので売り切れてる)
野菜好き女性には嬉しい、ちょこっと野菜達♪


デザートはスイカのグラニテ・フイヤンティーヌのキュイエール添え
こんな形のコーヒーカップは初めて


Cチャンのハンバーグステーキセット1600円
私が遅れた分、シェフと綿密な相談の結果、ソースは自家製ポン酢小葱抜き(笑)




予約して、特別な日ディナーや、女友達ちょっと贅沢ランチ使いがオススメだと思います。

プティ ジャルダン(Petit Jardin)
帯広市東2条南21-2-1
0155-67-7030
11:30~14:30
17:30~21:00(Lo20:30)
定休日:月曜(不定休あり)
※投稿サイトと営業時間が違うのは、2017年11月HO情報です

オマケ



つ、ついに行ってきました!しなだ食堂♡
トマコさんと同じく、かつ丼わかれ定食1050円
またまた差は歴然な、トマコさん記事

https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=363

シナダさんはお父様似かな?
調理担当のお父様には、知った風に「わかれお願いします。」なーんて頼んだ私(笑)
このわかれ定食も当然、そして写真載せれないけど辛みそラーメン730円も、(゚д゚)ウマー
シナダさんのルーツ、はっきり言って・・・本当にウマかった♡
https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=357

R and CROSS

CATEGORY

BRAND

NEW ENTRIES

シークレットなお店♡

ハル隊長 / other

寒すぎてまーす!!! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=860 と、ふーみん店長さんの真似っ子をしましたが、一気に寒くなり、いくら自前のアブラがあるとはいえ、老体には厳し過ぎるぅ(^^;) どうもハル隊長です。 江別蔦屋書店へ行かれたのですね! 建設新聞(マイナーな業界紙)を見て、国内2店目のイタリアン「アランチーノ」(ハワイ・オワフ島)が気になってた! ・・・って、本ではなく「食べ」チェックだから、痩せないんだな(^^;) さて今回ご紹介するのは、某投稿サイトは「出来ればご遠慮いただきたい」と言われ、ではR&CROSSブログなら良いですか?と無理やり許可もらったけど、ネットには出したくないのを、ヒシヒシと感じた私。 後ほどヒントを掲載するので、是非訪問したい!と言う方は、探検気分で行ってみてください。 この日は3年連続4回目? 投稿サイト仲間が東京からやってきて、お店選びは任せれているので、好きそうなお店をチョイスせねば… 某屋台の店主(女性)に聞くと、こちらの名前が上がり、まずはオットと訪問。 お~コレは好きそうだワイと、来帯時の1件目にご案内。 結論から言うと、チャーム♂1200円、♀800円。 それがどうした?と思われるかもしれませんが、お通しだけで完結するお店となってます(笑) 投稿サイト仲間と訪れた日は、「9周年記念」だったので、ビール通常600円が、なんと100円だったとゆう(@_@) 予約した時に言ってくれれば、何か持っていった…かもしれないけど、入店したら常連さんからの大きなお花で、気が付いた(汗) 写真はなるべく揃ってから…と撮りました。出来上がった順に出て来ます。 まずはお通し盛り合せ。 タコさんウインナーと、ハート型の玉子焼きが目を惹きますね♪ 玉子焼きの赤いほうは、紅生姜入りだったかな。 そしてフレンチドレッシングかかったサラダ。 第二弾は、鶏の葛打ち?、キュウリくらげと、砂肝と思ったら「ハツ」 そしてメンマが! お次は刺身盛り合わせ、1人1人前!(@_@) 串モノが来たわ!と思えば、みたらし団子に豚バラ肉を巻きつけた物に意表つかれます! 魚は「煮」か「焼き」を7〜9?種類位から選べます。 同行者が「焼き」のハラスを頼んだので、私は「煮」のホッケ。 〆はおでんかロールキャベツを選べたので、各1つずつ・・・ これで女性800円だからね~ 初訪の時、壁メニューを見ていたら、隣の方が(同じ小路内店のママさん)、お通しだけでお腹一杯になるわよ~と言うのも納得! この日のお会計は3100円…って事は、ビール計11杯飲んだのか(笑) モチロン同行者も私も、きっちり金額ではなく、上乗せして払いましたよ~ お客さんからの、差し入れ日本酒一升瓶は、1人1杯まで(無料)どうぞ!と言われ、頼んだらしっかり1合! そして帰り際、周年記念!男性には靴下、靴下は(客層が分かるよね!)男性用のみなので、私にはタオルまでいただき、恐縮です 演歌歌手風(香西かおり似?)のママさんが、何気にオヤジギャグを飛ばすとゆう(笑) ヒントは、チロリン村内、ママさん1人(チロリンは大抵1人でやってるかな)、端っこのお店ではなく、店名がひらがな二文字・・・お~結構なヒントだわ。 この店名ですが、例えば「居酒屋」「小料理屋」等は抜きにしての、二文字となります。 ちなみに偵察時のメニューは、こんな感じでした。 小鉢4、刺身、煮物、漬物、魚、〆は水餃子かラーメンと、全9品(シェアすれば11品?)で、女性は800円!! こりゃネットで見た人が押しかけてこられたら、大変だわ(笑) もし私のこのヒントを見ていかれる場合は、是非ドリンク2杯以上頼んでくださいね♪ 以上、少し早いのですが、年内ブログUPは今回最後とさせていただきます。 皆様、どうぞ、よいお年をお迎えください。 オマケ 来帯された方は、御朱印男子でもあるので、案内出来る時は、十勝管内の神社へ… 今回は前日雪が降ったため、トップ画像の池田神社しか行けませんでしたが、ここの宮司さんが超フレンドリー♡ どちらから来られましたか?から、前日の雪のハナシ。 そしてゴム印のところも有る中、しっかりと筆ペンで書かれてあり、素人の私が見ても「カッコイイ!」 旅の楽しみの一つですね♪

豚丼のかしわ

ハル隊長 / FOOD

つ、ついに十勝でも雪が降りましたね(^^;) 今年は遅いな~と思っていたケド、ちゃんと冬がやってくる(汗) 降った朝の通勤時、橋の登りでハザードランプつけた大型トラックが、タイヤチェーンをかける作業してたのにビックリ(@_@) どうもハル隊長です。 私は自前のアブラ(脂肪)で、防寒面での冬支度はバッチリでーす(^^;) さて今回ご紹介するのは、地元民はご存知、今更感が否めないとは思いますが、豚丼のかしわ(音更町)です。 地元民は、外食でわざわざ食べない豚丼。 正直私も、某投稿サイトをしてなければ、食べないな~(苦笑) 豚丼を出すお店は、星の数ほど有るけれど(チト大げさ?)、私的にオススメなのは、こちらの豚丼です。 以前は更別で営業してましたが、そちらの本店はお孫さんに任せ、ご主人の生まれ故郷である音更に出店しました。 本店で使っていた焼き台を持ち込み、タレにつけた豚肉を2度、網の上で焼くのがこだわり(地元新聞に掲載されたのを自分口コミより引用) この日夜の部があったので、雪降って大渋滞も予想される中、段取りオバチャンは、会社の若人(わこうど)に豚丼ご馳走するからと、車を(家に)置きに行くのを手伝わせ、且つR&CROSSブログにUPするとゆう(笑) 290gの肉がのる「特大」食べても良いんだよ!と言ったけど、前日接待のアルコールが少々残っていたらしく、若人が頼んだ、炭火焼き豚丼(大)1250円 ちなみに彼も、移転しても行列の出来る豚丼屋より、好みだそう。 私は炭火焼き豚丼(小)780円 炭火の香り良く、程良い厚みあるけど柔らかい、豚ロースがウマし♪ メニューは豚丼のみ!の潔さ 夜の部なければ(中)食べたのにな~←痩せない理由(^^;) 皆さんは何派? 私は・・・やっぱ山椒が合うよね♪ 豚丼のかしわ 河東郡音更町新通20-1-29 0155-67-4466 10:30~15:00(Lo14:30) 定休日:木曜日 オマケ 本当はココ紹介しようかな…と思ったけど・・・ 野菜タップリで、オイシイ♪ケド、メニュー写真が上手く撮れなかったのと、色々ね(^^;) と、トマコさんもそうだと思うけど、オススメ出来る気がする!と訪問するも、お蔵入りのお店もあるという事で・・・

Osteria a.lConto(オステリア アル コント)

ハル隊長 / FOOD

トマコさん! 宅間孝行さんの舞台「あいあい傘」を観る札幌旅。 朝パフェから始まり、満喫♪してますね! どうもハル隊長です。 この観劇☆感激ツアー♡の模様は、トマコさんのヤプログで書かれているので、興味ある方はチェックですよっ。 https://yaplog.jp/kagome-tomako/1 さて今回某投稿サイトより先に紹介するのは、Osteria a.lConto(オステリア アル コント)です。 2018年11月12日にオープンのこちらのお店、月刊しゅんには、『ワインと日本酒が合う イタリアン×京料理』とあり、どんな料理が出てくるの?と、興味津々!(笑) オットが食べそうなものから選ぶのは 十勝産豆腐の紅白漬け500円 赤と白、付け合わせグリーンのコントラストが目を惹きますね♪ 赤は梅酢漬け、白は塩麹漬けと説明有り、水切った豆腐が、ちょっとチーズっぽい。 赤が結構しょっぱく、ドリンクがススム。 塩麹は赤ほど塩分キツく無く、オリーブオイルの風味! なるほど、和の豆腐、オリーブオイルがイタリアン? 季節野菜のカポナータ500円 自分で作るカポナータは、煮込んでクタクタになるけど、これは大振りに切ってあり、形がしっかりとしているので、各食材(別々に?)煮て、トマトソースと合わせたのかな。 サツマイモ・椎茸・牛蒡が和って感じ。 クタクタ茄子がウマイ♪ ローストビーフ 山わさびソース900円 モッツアレラに見えるけど、プルンとした白いモノは、豆腐でした(笑) 山わさびはオイルと合わせ、ちょっと辛味が飛んでますが、こんな使い方も! ローストビーフは牛の旨味あり、茗荷のピクルス、スライス玉葱と合わせさっぱりと。 たらこと牛蒡のスパゲティ 京七味風味1200円 乾麺か十勝産小麦の生パスタかを聞かれ、生パスタをチョイス。 これは意表をついて、生タラコを使ってますね~ 聞けば自家製カラスミのタラコ版らしく、スライスされた単体を食べると、少々ウエッティな珍味っぽい。 モッチリとした生パスタに絡みます。 出汁で別に炊いたゴボウ、彩りに水菜をトッピングし、七味でピリッと味を引き締めて、イケます♪ ビール中瓶は予想通り、アッと言う間に無くなったので(笑)、キャンティ クラシコ ボトル4200円を頼みましたが、1人4千円チョイとリーズナブル。 イタリアに(話から旅行でなく)行ったことがあり、京都のイル・ギオットーネ、直近ではDELI MARKET BERUWALA(デリ マーケット ベルワラ)にいたシェフが始めたお店です。 余談だけど、ベルワラと聞いた瞬間、週刊fitにシェフが載っていたのを思い出し、「アレアレ…折込チラシに(顔)載ってましたよね!(トシ取るとfitが出て来ず、アレアレに(^^;))」 「1年半くらい前に出させていただきました」との事で、いつもながらこの(食に関する)記憶力、仕事には全く活かせないのが…(苦笑) いずれは手打ちパスタを提供したいと話し、和とのコラボは地元では他にないので、私的には今後楽しみなお店。 平日はシェフ1人なので、ワインや会話を楽しみながら、料理を待つ感じになるかもです。 以前スイーツラボだった店内は、基本配置は変わってないらしい。 Osteria a.lConto(オステリア アル コント) 帯広市大通南10丁目15-2 イーダイニングビル2F 0155-66-7869 18:00~翌1:00 定休日:日曜

「生きるという営み」

ハル隊長 / other

って凄いタイトルだわ(^^;) どうもハル隊長です。 トマコさんの美味しいモノ情報、φ(..)メモメモ https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=827 ツヤツヤ湯葉が、う・旨そう❤ 12月は更に湯豆腐が付くお得ランチを、是非食べに行きたい♡と、友達に声をかけて予定をすり合わせ。 後は只今南半球でvacation中の、Cチャン予定を聞いてから予約しよう♪ さて今回は日記的な事を… EXILE LIVE TOURの翌週(=先週末)、旭川へ行ってきました。 半年くらい前、私の情報源、新聞に載っていた三浦綾子記念文学館開館20周年記念事業で特別講演会があり、なんと直木賞作家の桜木紫乃氏と、昨年このブログでもちょっと書いた、別海町で羊飼いをしながら小説を書き、2014年に三浦綾子文学賞を受賞された、河﨑秋子氏の対談があり、是非聞いてみたい!あの文章を書く人たちをナマで見たい!と、物好きオバチャン旭川へ。 https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=281 予定が合えば本好き日高の友達と、少し早い忘年会を兼ねよう!と声を掛けると、仕事等のやり繰りをしてくれ、今年は旭川集合!となりました。 まずは私だけランチ、旭川B級グルメで腹ごしらえ ここ立ち喰いだったからか、昼時お一人様女子は私だけ(^^;) 「早い・安い・うまい」と書いてある通り、注文迷っている時間より作る時間の方が短いとゆう(笑) そしてお値段以上のボリュ~ムで、大満足♪ その後、この日のお宿で待ち合わせをし、いざ会場へ! 年齢層は我らのオヤ世代が多く、ほとんど席が埋っている中、なるべく前の方、顔が見える席へと、前から5列目くらい(トップ画像は座った席から撮りました) 第1部は、聞き手FMくしろの大津桃子氏、桜木紫乃さんの講演会。 翌日の道新(旭川)地方版にも記事が載ってましたが、ヤマ師の父親に苦労させられたけど、「今が幸せ」と母親が言い、父親も少しでも長く2人で暮らしたいと言うので、今は見守っている状態との事。 他只今道新夕刊で連載中の「緋の河」については(私も連載読んでいるけど面白い!)、モデルとなったカルーセル麻紀さんとのエピソードの一つとして、胆振東部地震の後、(桜木氏は江別在住)断水中の為、給水車の列に並んでいるときに、カルーセルさんから電話があり、「人間、明日何が起きるかわからないから、美味しいものを食べて、楽しんで暮らすのよ」には、どんな言葉より励まされたと話していました。 休憩を挟まず第2部の対談では、河﨑さんについてのエピソードについて(記憶のみ 細部違っていたらスミマセン) 桜木「哺乳類は鯨以外、ホニャララ(検索しても出てこないのでボヤかしてみる)出来るって言ってたけど、男性が引くから言っちゃダメよ」 河﨑「それ封印してるんですけど、彼氏が全く出来ません」と言ってたのが、インパクト大!(笑) さすが、「肉談」で主人公に熊を食べさせたり(しかも生肉だった記憶)、「颶風の王」で(心を通わせていた)牡馬を食べる話を書くだけある! そして聞き手の、田中綾(三浦綾子記念文学館)館長の声が、はっきりと聞きやすく、聴き応えある講演・対談でした。 予想より早く終わったので、2人で目星をつけていた人気店に無事入る事が出来、オットは食べない骨付き肉を食らう アレ?昨年と同じような流れでは(笑) ホテルで一休みした後、日本酒好きな友と、品揃えはナンだけど楽しいお店に突入し、酒を飲む。 翌日友は行った事がないとの事で、旭川と言えば旭山動物園でしょう! 私は前回見れなかった、ホッキョクグマのもぐもぐタイムを見ることが出来、大満足。 そして当然旭川ラーメンでしょう(笑) 地元に戻り、こんなレアなイベントにも参加出来、充実した週末でした♪ ※ふーみん店長さん ビンゴ! シマウマ…じゃない動物の名前のお店です♪ 食のプロではなく、ただの食べるの大好きなオバチャンですが、ふーみん店長さんもお気に入りのお店なんですね♪ https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=830 よーし、次回札幌行ったら、餃子のハシゴ ( ≧∀≦)ノダァーッ!!

木野珈琲

ハル隊長 / FOOD

週間天気予報を見ると、ついに雪マークが出現! どうもハル隊長です。 自前の皮下脂肪で、冬支度はバッチリだけど、トシなので急に寒くなると、適応するまで時間がかかるわ(^^;) さて今回ご紹介するのは、木野珈琲です。 店主が18年住んだ名古屋の喫茶店が原点なので、トーストには小豆(アンコ)付き(笑)、卵を流し込んだ鉄板ナポリタンとなってます。 新メニューのハンバーグセットにも心惹かれるけど、コレ目当てで来たので、昭和のナポリタン850円(サラダ・ヨーグルト・珈琲付き) ジュ~ジュ~いいながら、登場ですよ(^^♪ 鉄板なので最後まで熱々なのと、火入れし過ぎないシャキシャキ野菜にウインナ、2.2mmの太麺には焼き目も入り、食べ応え十分。 ピーマンや玉ねぎを外すこと出来るって!Cチャンに朗報(笑) おっとその前に、最初に出される野菜サラダ。 キャベツも細かく刻まれ、ふんわりデス♡ 食後にはバナナ無糖ヨーグルト、そしてもう一つのコダワリ、札幌で焙煎してもらった豆を取り寄せしハンドドリップで淹れる珈琲は、雑味がなくウマい♪そして量もタップリなのが嬉しい。 なんといっても看板犬モカちゃん♂に癒されますヨ~ カメラを向けたらこのポーズ(♥´∀` ♥)超ヵヮィィ 座った席からはちょうどむつみアメニティパークが見え、ゆったりとした時間が流れます。 広めな店内には、何組かお客さんがいました。 この日ランチセットのポークカレーは品切れ。 他メニュー表載せないけど、片面12時間ずつ卵液に付け込んだ、焼きあがるまで30分ほどかかるフレンチトーストセット800円も気になるわ~ 8時から営業なので、朝ベジプレートセット600円も一日の活力になりそうデスネ! 木野珈琲 河東郡音更町木野西通13-1-19 0155-30-0451 8:00~17:00 定休日:日曜・月曜(祝日は営業) オマケ 今週末札幌は、嵐LIVEで激混みみたいですね(@_@;) 知り合いから聞いた話だけど、札幌市内のホテルが取れなくて、定山渓に泊まるとかΣ(・□・;) 私は先週EXILE LIVE TOURに行ってきました。 誰のファンと言うわけではなく、一生に一度はエグザエル見てみたい!と。 サザンや山下達郎の年齢層と全く違い(失礼!)、熱気半端ナイ! 好きなメンバーが大型ビジョンに映ると「キャ~♡」の大歓声に、チームオールドはびっくり(苦笑) コンサート後のお楽しみ、美味しいモノを食べに行こうと、調べていた狸小路市場内の餃子のお店に行くと、21時以降も予約でイッパイ(汗) 結局別なお店で食べ、同じ狸小路市場内のおでん屋さんにはリベンジ出来たけど、ふーみん店長さんが好きなお店の餃子が美味しそう!! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=824 食べることにはフットワーク抜群なので、「華麗」をヒントに調べると、、、う・旨そう❤ 次回はココ突入してみよう♪

ほうとう図無志亭(ずむしてい)

ハル隊長 / FOOD

つ、つい寒さに耐えかね、暖房を入れてしまった…もう後戻りは出来ない(^^;) どうもハル隊長です。 皆さん冬支度はバッチリですか? 我慢し過ぎて、風邪を引いたら、元も子もないからね~ いまR&CROSS札幌インスタグラムをチェックすると、温かそうなアウターが続々と入荷してますね! https://www.instagram.com/cross_sapporo/ デブッチョ(私)でも、着膨れしない冬コーデ…「華奢見せ」する着こなし術コーナーが欲しいっ!(切実) そんな事を考えていたら、体の中から温まるものが食べたいと、今回ご紹介する『ほうとう 図無志亭』に行って来ましたよ~ カウンター席に座り、壁メニューの数量限定手打ち十勝ほうとう(しょうゆ味)を頼むも、手打ち麺も具も無くなってしまったとの事で、頼むはキムチほうとう980円(税込) 納豆ほうとう(仮)? 聞けば「冷」らしい。 出待ちマダム3人の後だったので、20分強待ったかな。 ほうとうとは…山梨県の郷土料理で、初訪時の自分口コミから引用すると ・出汁は煮干だけで取る ・麺は打ち粉がついたまま鍋に投入 ・カボチャは3分の1くらい煮溶かすのがベスト ・あぶらげ&キノコ類は必須 (他も有ったけど、重要と思われる部分を) 投稿サイトでは絶対しない、麺リフトをやってみる(って何故か写真上下逆になってるワ (^^;)) キムチほうとうは、「豚」or「鶏」から選ぶようになっていて、豚キムチをチョイス 他の具は、じゃがいも・人参・ゴボウ・長ネギ・油あげ・キムチの白菜・ニラに、刻みネギのトッピング 最後に掛けたであろう、ゴマ油のカヲリ良く、よじれ気味の弾力ある太いほうとう麺に、ちょっと酸味あるキムチと、野菜から出た旨味成分十分な汁が、麺に絡みますよ~♪ ただ難点は、麺がこの量と決まっているので、小食な方にはチト辛いかも?(^^;) 麺及び具は完食し、午後からダレもいない事務所で、横になりたい私(笑) 鉄鍋から直接食べても良いけど、デブッチョは汗かくことには慎重なので(苦笑)、小皿に取りながらいただきます♪ 「辛さUP!」とワガママ注文したので、卓上には七味、ほうとうと一緒に一味、店主から手作り辛味調味料を小皿で出してくれ、汗かきの素が勢揃い(笑) や~温まった!温まった! 寒い日にはぴったりな「ほうとう」、オススメですよ♡ ちゃっかりオバチャン、今月の『月刊しゅん』50円引きクーポンを出し、キムチほうとう930円でいただきました。 いつの間にか、ほうとうスイーツなるものが! 甘すぎてあまりオススメしませんの小豆ほうとう700円や、きなこほうとう480円だって! 広め店内に、ゆったりテーブル席配置なので、あずましいヨ。車椅子でも十分なスペースかもね ほうとう 図無志亭 帯広市東5条南6-2 セイノビル1F 090-9433-1021 11:30~21:00 定休日:水曜日 駐車場は店舗南側にあります。案内通りに止めましょう

LIST

RELATION ARTICLE関連記事/FOOD

hana・E salon(ハナエサロン)

かごめ とまこ / FOOD

雪…すぐに融けるかと思っていたけどうっすら融けてまた凍る。。。 ツルツル路面ですね!皆さん車の運転には十分気を付けて忙しい年末を乗り切りましょう~♪ とまこです(*゚∀゚) こちらのお店は週末のみ、ひっそりと営業しているカフェです(´∀`艸) 以前、ハル隊長さんから情報を頂いていましたが中々行く機会がなく現在に至ります。。。 1度チャレンジしたことがあったのですが、臨時休業でした(;´∀`) 住宅兼店舗はとってもくつろげる空間で、大きな窓からは列車を見る事ができます♪ ご近所の方の憩いの場所ですね(◍ ´꒳` ◍) 『hana・E salon(ハナエサロン)』 さん 小さなパフェ(550円)・コーヒー(500円)みのり…やや深煎り メニューはそんなに多くはないですが、手作りのプリンやパフェ、ぶどうの木さんの焼き菓子が頂けます。 コーヒーはお取り寄せの徳光珈琲さんの豆を使用しています♪ サービスでクッキー頂いちゃいました(o´▽`o) コーヒーはやや深煎りのコクのあるとっても美味しいコーヒーです☆彡 フルーツたっぷりです♪ 小さなパフェと書いてありますが、フルーツたっぷりのボリュームのある美味しいパフェでした(´∀`*) グラス底には自家製のいちごソース、中には畜大バニラアイス、そして生クリームにフルーツです♪ 今年は不作だったようですが、お庭で育ったいちごが通常乗るようです! メニュー メニュー 店内からの眺め♪ 店内 のんびり、まったりしたい時はぜひオススメな隠れ家的カフェです( *´艸`) ✤hana・E salon(ハナエサロン)✤ 住所:北海道中川郡幕別町札内北栄町38-3 電話番号:0155-29-3819 営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日~水曜日 byとまこ

豚丼のかしわ

ハル隊長 / FOOD

つ、ついに十勝でも雪が降りましたね(^^;) 今年は遅いな~と思っていたケド、ちゃんと冬がやってくる(汗) 降った朝の通勤時、橋の登りでハザードランプつけた大型トラックが、タイヤチェーンをかける作業してたのにビックリ(@_@) どうもハル隊長です。 私は自前のアブラ(脂肪)で、防寒面での冬支度はバッチリでーす(^^;) さて今回ご紹介するのは、地元民はご存知、今更感が否めないとは思いますが、豚丼のかしわ(音更町)です。 地元民は、外食でわざわざ食べない豚丼。 正直私も、某投稿サイトをしてなければ、食べないな~(苦笑) 豚丼を出すお店は、星の数ほど有るけれど(チト大げさ?)、私的にオススメなのは、こちらの豚丼です。 以前は更別で営業してましたが、そちらの本店はお孫さんに任せ、ご主人の生まれ故郷である音更に出店しました。 本店で使っていた焼き台を持ち込み、タレにつけた豚肉を2度、網の上で焼くのがこだわり(地元新聞に掲載されたのを自分口コミより引用) この日夜の部があったので、雪降って大渋滞も予想される中、段取りオバチャンは、会社の若人(わこうど)に豚丼ご馳走するからと、車を(家に)置きに行くのを手伝わせ、且つR&CROSSブログにUPするとゆう(笑) 290gの肉がのる「特大」食べても良いんだよ!と言ったけど、前日接待のアルコールが少々残っていたらしく、若人が頼んだ、炭火焼き豚丼(大)1250円 ちなみに彼も、移転しても行列の出来る豚丼屋より、好みだそう。 私は炭火焼き豚丼(小)780円 炭火の香り良く、程良い厚みあるけど柔らかい、豚ロースがウマし♪ メニューは豚丼のみ!の潔さ 夜の部なければ(中)食べたのにな~←痩せない理由(^^;) 皆さんは何派? 私は・・・やっぱ山椒が合うよね♪ 豚丼のかしわ 河東郡音更町新通20-1-29 0155-67-4466 10:30~15:00(Lo14:30) 定休日:木曜日 オマケ 本当はココ紹介しようかな…と思ったけど・・・ 野菜タップリで、オイシイ♪ケド、メニュー写真が上手く撮れなかったのと、色々ね(^^;) と、トマコさんもそうだと思うけど、オススメ出来る気がする!と訪問するも、お蔵入りのお店もあるという事で・・・

お食事の店 丸美

かごめ とまこ / FOOD

とまこです(*´▽`*)ゞ 今回ご紹介するのは全く情報もないまま突入したお店です! とっても美味しかったのでぜひご紹介したいと思います♪ 老舗のお店らしいのですが、知ってる方いますかね?あたしが知らないだけだったかも(;´∀`) 天気がよかったのでちょっとドライブで大樹へ向かいました(・∀・) お目当てのお店へ到着するも営業してる感じではなく、入口に近づくと、貼紙が・・・ 所用により13:30開店と(;・∀・) あらぁ~・・・さすがに2時間半も待てないので お隣の広尾に向かう事にしました♪ 感覚ではすぐ着く予定だったのですが、結局20kmもあったんですね~(;´∀`) で、以前に行ったお店へ向かっていたのですが、こちらのお店を発見し急きょUターン! 古くからやっている、地元で人気の食堂のようです。メニューを見ると「ししゃも」発見ヾ(*´ω`)ノ゙ 全く頭になかったししゃもでしたが、ちょうど伺ったのがまさにししゃもの旬の時季!(11月上旬訪問) これは頂かないわけにはいかないですよね~(´∀`*) 『お食事の店 丸美』 さん ししゃも定食(1380円) ししゃもづくしのししゃも定食です( *´艸`) 焼ししゃも 十勝港で水揚げされたもので、雄雌混合で一夜干しされています♪ 干された事によってギュッと旨みが凝縮されて、ホクホクでとっても美味しいです(*^m^) もちろん頭から尻尾まで全部頂けるのが嬉しいですね! スダチをかけるとまた違った味わいでとっても美味しいです☆彡 天ぷら 続いて天ぷらです。天つゆで頂きます♪ 焼きと違って衣をまとう事によってふわっふわに揚がってます( ´∀`) こちらは少し苦みがあって、これもまた大人の味ですね~♪ 刺身 そして、お刺身! 通年ししゃも定食は提供されてるみたいですが、旬の期間だけはお刺身も付きます∩(´∀`)∩ ししゃもの他には、松川カレイとホタテまで♪ 淡泊なししゃもに対して、脂の乗ったコリコリの松川カレイ!正直松川カレイに軍配が上がる(;´∀`) でもししゃものお刺身も身が締まっていて美味しかったんですけどね(´ω`) 甘露煮 甘露煮も柔らかくて美味しかったですね~(´∀`*) メニュー メニュー 店内 たまたま見つけて入ったお店でしたが、かなり大満足でした! 他にもたくさんメニューがあって、お隣では鍋焼きうどんを食べていてそちらも気になる(;´∀`) 前の席ではカレーかな?食べてました。長年地元の方に愛される食堂なんですね(´∀`) ✤お食事の店 丸美✤ 住所:北海道広尾町丸山通北1丁目31 電話番号:01558-2-3236 営業時間:11:00~19:45 定休日:火曜日 byとまこ

Osteria a.lConto(オステリア アル コント)

ハル隊長 / FOOD

トマコさん! 宅間孝行さんの舞台「あいあい傘」を観る札幌旅。 朝パフェから始まり、満喫♪してますね! どうもハル隊長です。 この観劇☆感激ツアー♡の模様は、トマコさんのヤプログで書かれているので、興味ある方はチェックですよっ。 https://yaplog.jp/kagome-tomako/1 さて今回某投稿サイトより先に紹介するのは、Osteria a.lConto(オステリア アル コント)です。 2018年11月12日にオープンのこちらのお店、月刊しゅんには、『ワインと日本酒が合う イタリアン×京料理』とあり、どんな料理が出てくるの?と、興味津々!(笑) オットが食べそうなものから選ぶのは 十勝産豆腐の紅白漬け500円 赤と白、付け合わせグリーンのコントラストが目を惹きますね♪ 赤は梅酢漬け、白は塩麹漬けと説明有り、水切った豆腐が、ちょっとチーズっぽい。 赤が結構しょっぱく、ドリンクがススム。 塩麹は赤ほど塩分キツく無く、オリーブオイルの風味! なるほど、和の豆腐、オリーブオイルがイタリアン? 季節野菜のカポナータ500円 自分で作るカポナータは、煮込んでクタクタになるけど、これは大振りに切ってあり、形がしっかりとしているので、各食材(別々に?)煮て、トマトソースと合わせたのかな。 サツマイモ・椎茸・牛蒡が和って感じ。 クタクタ茄子がウマイ♪ ローストビーフ 山わさびソース900円 モッツアレラに見えるけど、プルンとした白いモノは、豆腐でした(笑) 山わさびはオイルと合わせ、ちょっと辛味が飛んでますが、こんな使い方も! ローストビーフは牛の旨味あり、茗荷のピクルス、スライス玉葱と合わせさっぱりと。 たらこと牛蒡のスパゲティ 京七味風味1200円 乾麺か十勝産小麦の生パスタかを聞かれ、生パスタをチョイス。 これは意表をついて、生タラコを使ってますね~ 聞けば自家製カラスミのタラコ版らしく、スライスされた単体を食べると、少々ウエッティな珍味っぽい。 モッチリとした生パスタに絡みます。 出汁で別に炊いたゴボウ、彩りに水菜をトッピングし、七味でピリッと味を引き締めて、イケます♪ ビール中瓶は予想通り、アッと言う間に無くなったので(笑)、キャンティ クラシコ ボトル4200円を頼みましたが、1人4千円チョイとリーズナブル。 イタリアに(話から旅行でなく)行ったことがあり、京都のイル・ギオットーネ、直近ではDELI MARKET BERUWALA(デリ マーケット ベルワラ)にいたシェフが始めたお店です。 余談だけど、ベルワラと聞いた瞬間、週刊fitにシェフが載っていたのを思い出し、「アレアレ…折込チラシに(顔)載ってましたよね!(トシ取るとfitが出て来ず、アレアレに(^^;))」 「1年半くらい前に出させていただきました」との事で、いつもながらこの(食に関する)記憶力、仕事には全く活かせないのが…(苦笑) いずれは手打ちパスタを提供したいと話し、和とのコラボは地元では他にないので、私的には今後楽しみなお店。 平日はシェフ1人なので、ワインや会話を楽しみながら、料理を待つ感じになるかもです。 以前スイーツラボだった店内は、基本配置は変わってないらしい。 Osteria a.lConto(オステリア アル コント) 帯広市大通南10丁目15-2 イーダイニングビル2F 0155-66-7869 18:00~翌1:00 定休日:日曜