R&CROSS

RONDO(株式会社ロンド)が運営するウェブストア「R&CROSS ONLINE STORE」。国内外より厳選された雑誌掲載ブランドが豊富。パトリックやニューバランス・アディダスなどスニーカーブランドも多数。DUVETICA・WOOLRICH・LAVENHAMなどのアウターも充実です。

  1. ホーム
  2. ハル隊長
  3. 馬車BAR♪

えーエ―――――(;OдO)―――――!?
トマコさん
体調不良って…大丈夫!?
加齢、、それじゃ私なんて(^^;)

どうもハル隊長です。

きみまろじゃないけど、目はショボショボ、足はガクガク・・・なんだけど、食欲衰え知らず(^^;)
その結果、
体重計 そーっと乗っても デブはデブ
なんだなコレが。
検診近し、ピ~ンチ!!Σ(゚д゚lll)

さて今回は、先日乗った馬車BARがもの凄く楽しく、ご紹介。

地元新聞に載ったときから、乗り物好きとしては是非体験したい!
が、「乗ってやってもいいけど!?」的なオットとじゃ、当たり前だけど料金2人分かかる(モッタイナイ 笑)と躊躇してたところ、タイミング良く以前こちらでも御朱印男子として紹介した、某投稿サイト仲間から来帯する連絡をもらったので、真っ先にコレどう?と提案し、馬車BARに乗りました。

公式HPから予約しましたが、空きが有れば当日も可能。
当然2階席、1ドリンクとおつまみ付き3240円を、ホテルヌプカ内受付にて支払い、搭乗券を受け取ります。
3時間前より座席受付開始なので、早めなら前方など、好きな席を選べるかと。
追加ドリンクは1杯500円。
ネット予約時追加可能(何杯まで追加出来るか見ると「10」がMAX 笑)
乗車前チケット代支払い時でも、大丈夫だと思います。
月・火・金・土の、18時、19時、20時の1日3便体制。
尚乗車15分前までの受付(それ以降はキャンセル扱い)となるので、お気をつけください


2階へ上るのは、狭い螺旋階段なので、でぶっちょオバチャン少々難儀(苦笑)
ひざ掛けが準備され、少々寒いとき対策も万全です。
2人掛けシートもゆったりとしてるので、男性2人でも大丈夫かと(笑)


馬車に揺られ、帯広の夜の街を眺めながら…と言いたいところですが、逆に歩いている人からの熱い視線を感じるわ(笑)


途中、北の屋台東側に止まって、15分間の休憩時間には、馬小屋がある十勝ヒルズから、お抱え運転手付き車で週4日出勤する、ばん馬 ムサシコマ7歳に、BARで用意してくれている人参をあげたり、馬に触れながら写真を撮影してくれたりと、地元民でもチョー楽しい。
本当に性格穏やかで、人参あげるときは、お触り放題(笑)
下唇をなでると、プニプニです♪
人参食べていると、ヨダレが大量!ですが、『モットクレ』な顔に萌え(笑)


これからの季節は、街路樹の伸びた枝にご注意。
信号機が、手を伸ばせば届きそう!

そして


あっ、と写したのでちょっとボケた(汗)
6/1 19:08 R&CROSS帯広の前を、パッカパッカと通りましたよ~(^^♪


途中休憩をはさみつつ、50分間の旅のお供は、当然ビールっしょ!(笑)
ビールを飲まない方には、放牧牛乳(足寄「ありがとう牧場」)やぶどうソーダ(帯広市「あいざわ農園」)もあります。


都市間バスより高い視線から見る帯広の街は、なんだか新鮮です。
屋根がある広小路では、より蹄の音が響き、音は乗馬気分♪

楽しかったので、会社の若人(20代)に勧めたら、後日訪ねてきた本州からの?友人と乗り、「(この年代はCPに敏感)最初高い!?と思ったけど、アリでした!」の感想。

私はもう一度乗っても良いくらい、メッチャ楽しかった♪
帯広観光の一つとして、是非定着して欲しいな♡

オマケ


今回御朱印男子を案内するのは、路面状況が良いので、浦幌神社へ
初穂料を納め、「浦幌神社」と「乳神(ちちがみ)神社」を受け取ります。

そして


乳石(自然石)も作法通りに参拝!

一、二拝二拍手一拝の作法でお参りし願い事を唱える
一、乳石をゆっくり手でなでて、自分の願うところや病んでいるところをなでる(三回繰り返す)
一、一拝をする

の「ゆっくり手でなでて」部分を、私のリクエストによりやってくれた時、こっち向いて~笑って~に、絵文字の下の目も、キラキラ&ニヤニヤ(笑)
乳石の大きさも人物が入る事で、想像出来るかな?

予備知識なしで案内したので、満足・・・してくれてたらいいな~

R and CROSS

CATEGORY

BRAND

NEW ENTRIES

ウズベキスタン旅行

ハル隊長 / other

トマコさ~ん 観劇ツアーは、満喫したかしら? ちょうどその日トマコさんに用事有りLINEすると、倶知安経由でランチとな! その模様を、そのうちR&CROSSブログでも紹介してネ❤ どうもハル隊長です。 沖縄旅行で風邪をひき、ウズベキスタンに向かう機内では、咳が酷くてマスク女(^^;) 周りの人は、そんな状態で旅行に来たの?と思っていたに違いない(汗) 自分の日記でも紹介する予定ですが、先にR&CROSSにて、旅の模様をサラッとご紹介。 昨年新千歳空港発ウズベキスタン航空往復チャーター便のパンフが目に留まり、青く輝くレギスタン広場(トップ画像)に強く心が惹かれた。 今年も同様のツアーが催行されたので、思い切って申し込み。 プラス10万でウズベキスタン・カザフスタン・キルギス3ヶ国周遊ツアーもあったけど、ただでさえ周遊は慌ただしいのと、通貨が3ヶ国違うので(ウズベキスタン=スム、カザフスタン=テンゲ、キルギス=ソム)、同じ6泊8日しかないのに(往復チャーター便は一緒)、欲張っても疲れるだけだわ…と1ヶ国じっくり作戦…と言いつつ、1日600キロのバス移動日有ったので、結構ハード(^^;) 通貨はスムとなり、日本円からは難しいので、ドルを用意するよう言われました。 インフレでスムの価値が下がっているので、この写真は現地ガイドさんが両替してくれた20$分のスム。 ツアー参加者にポーチプレゼントとなっていたので、それは多分札入れになるに違いないと思ったら、その通りでした(笑) ちなみに、トイレは1000スム(約11円) ローカルビール500ml1缶10000スム(約115円) バザール(市場)では日本と変わらないくらい豊富な野菜、疎いので何に使うか不明なスパイス、そして毎回食事に出てきた「パン」 ガイドさんが紹介し(これで1キロくらいある)、温かい状態で味見したパンが、密度有りむっちり!塩味を感じ一番美味しかった♡ ウズベキスタンの伝統工芸品 ①絨毯は見本を見ながら織ってました。 大きさにもよるけど、玄関マットサイズ(本当は1人お祈り用大きさ)で3~4ヶ月かかるといってたよーな… ②刺繍(スザニ) 主に壁掛けとしてつかわれていると説明あり お土産に買いたかったけど、ちょうどこの柄でこの大きさと言うのが無かったので断念。 ③コウノトリの鋏 ブハラでしか売ってなく、ガイドさんが案内してくれたこちらのお店では、カード可(ウズベキスタンはほぼキャッシュ)、ドル払いOK!、ガイドさんがいたからか日本円払い可且つ希望のネームも彫ってくれるサービスあり(笑) オスとメスがあり、小さいので20か25ドルくらい?(買って無いのでうろ覚え) ツアーなので全食事付は、楽チンだけどつまらない(^^;) そんな中、ちょっとした自由時間で食べて印象に残ったものは ①イスマイール・サマニ廟と同じ敷地内?に、遊園地があり(観覧車あり5000スム)、ザクロのジュース絞り立て!とカメラを向けると、オジサンがポーズとってくれました(笑) サマニ廟見学の後、観覧車も気になったけど、好奇心に勝てず1カップ(プラ容器)を頼むと、1杯5000スム(約58円)。 一口目は酸っぱいジュースでしたが、飲むと段々慣れてきて、砂糖加えてジャムにしたら、もっと美味しそうに感じたお味でした(笑) 写真が私のテクじゃ修整できず、ここから見辛くてスミマセン 朝は2℃、日中は20℃超えてた時、スーパーマーケットでビール&ワイン&ジュースを買い、重ーい・暑ーい(汗)と思ってた時に、ソフトクリーム発見! 5000スム、ファイブ サウザンドと英語で答えてくれた(観光客と接する人以外全く英語通じない)若いお姉さんが持っている写真をまずはパチリ(何やってるだか(^^;)) 密度高いソフトクリームで、美味しかったデスヨ♡ ガスステーション併設の売店で見かけ、これは何と聞いたら、ガイドさんが「美味しいよ」と。 見た目から多分チーズ?と、2回目見かけた時買ってみた。この一袋5000スム これちょっとショッパイけど、スモーク利いたチーズでウマウマ❤ 配った周りの人からも、オイシイの評価! スーパーで見かけたものは、もっとちゃんとしたパック入りだったけど、倍の値段だった(^^;) これ戻って買い占めればヨカッタな… 食事時、周りの飲みそうな人に声を掛け、3人で1本頼むと、120000スム(約1386円) 出てきたボトルを見ると、スーパーマーケットで20000スム(約230円)で買った、同じワインではないか(笑) このローカルワイン、バギザガン 調べるとサマルカンド州にあるワイン工場で、農場でのブドウの栽培からワインへの加工まで、全て自社で行っているらしい。 飲んだ感じ、ブドウが濃い~これ時間を置いても、味変わら無さそうな? ウズベキスタンでは、グリーンティー・ブラックティー(紅茶)なので、珈琲はナント、インスタント(@_@) 決して珈琲中毒ではないけど、後半ちゃんとした珈琲が飲みたくなりました。 いつも(仕事辞めて)起業を夢見てるので(苦笑)、今のところ物価は安いから、年金で暮らせそう? 観光地横で「自家焙煎珈琲」のお店を出せば、海外からの珈琲文化圏観光客には受けるのでは!?なーんて・・・ ただ一つ。 出国前の説明会で添乗員さんが言ってたけど「日本のトイレは世界一ですから~」の通り、ウズベキスタンではトイレにペーパーを流せない(^^;) 流さない前提?の、しっかりとしたトイレットペーパーなんですよね~ 新千歳空港のトイレで、ペーパー流せたのが嬉しかったナ(笑) あと旅行前、旅行中添乗員さんから、散々油及び水が日本と違うので、美味しくても最初は料理食べる量を控えるようにと言われたので、注意してたのもあり全くヘーキ。 が、日本に帰って来てから、疲れているところに生もの(生寿司)を食べたら・・・痩せてないけど2キロくらい体重が減り、ようやっと復活してきたところです(^^;) 以上、旅の報告でした

Lunchica(haru編)

ハル隊長 / FOOD

4泊5日の沖縄旅行から戻ったら、なんと十勝はマイナス気温(@_@) 温度差30℃にやられ、すっかり風邪をひいてしまった(汗) この記事がUPされる頃は、ウズベキスタン…に無事たどり着けてるかしらん(^^;) どうもハル隊長です。 Wi-Fiは既に申込み多数で借りれず、得意のその場調べが出来ない(@_@;)ピ~ンチ! さて今回の食事会は、数か月前訪問予定だったけど、店主の都合で中止になったお店に、R&CROSSイケメンボスも参加、いつものメンバー総勢5名でLunchica(ランチカ)へ 投稿サイトもそうだけど、こんな文章でも書く時調べると(一応ね)、店主の名前がチカさんなので、ランチと合わせた店名なのかしらん? 車のナビは全く別な場所を示すので、GoogleMAP案内が確実です(自力でたどり着けず、素敵な靴を履いていた敏腕経理Tさんが、砂利道にも係わらず迎えに来てくれたとゆう(^^;)) たまたまオフロード可能な車に2人で乗っていて、極狭ワイルド草が生えてた道を上がれば・・・そこは違うオウチだった(苦笑) 写真が10枚縛りなので、私の投稿サイト https://tabelog.com/rvwr/000515743/rvwdtl/B419520516/#107104537 及び、tomako編を合わせてご覧ください。 まずはウエルカムドリンク いつもなら、ココでかんぱ~い♪ってところですが、ランチ&ヨモギハーブティなので、置いたまま(笑) おしぼりに野花をあしらい、こんな生活したいわ~ ニンジンのラペ 人参独特の味がしないので、ニガテなCチャンもパクパク完食!(笑) 食事中は、オレンジ入りのウォーター 訪問日届いたばかりと言ってたような。 この一帯は井戸水と言ってたので、多分これもそうだと思うけど、冷たくてほんのりオレンジの風味。何度も補充していただきました。 インゲン豆のキッシュ 取り分け前写真撮れなかったけど、snowpeak製の小さなダッチオーブン(コロダッチ)、形状的にコロダッチカプセル? 時間を置いて、落ち着いた状態での提供。 キッシュにインゲン入りは初めてだけど、野菜苦手でも大丈夫な感じ。 雪室に一年寝かせたジャガイモ 取り分け皿写真はtomako編で…確かお母様の知り合いが、作った器だったと聞いた気が。 皮付きのまま多分芋自身の水分で蒸しあげてると思われ、塩も少量パラリ、ニンニクとローズマリーのカヲリ良い1品 烏賊と海老のアヒージョ これは各自に配られ、調べるとsnowpeak製コロダッチポット? 器が本当に熱いので、お気を付けください状態 オイルに付けて食べてと、バジルパン。 店名に手作りパンとつくくらいなので、間違いなくオイシイ❤ そしてアヒージョのオイルがオイシイと、ボスがパンにどっぷり浸して食べてましたヨ~ トマトファルシ コレが一番塩が効き、トマトの中に詰めたのは、中札内鳥と茄子・ズッキーニ。 軽めな赤ワイン、くださ~い(笑) この後デザートのマンゴーのアイスとチョイスドリンク。 聞けば音更産の、お高いマンゴー!! 他にマンゴー作ってるハナシを聞かないから、ノラワークスジャパンのマンゴー?と調べると、何と!! 道理で一品に出せるワケだわ(@_@) この日は、コーヒーor紅茶orよもぎ茶orタンカン(みかん)ジュースはストレートorタンサン 2名珈琲、2名ストレートタンカン、1名タンサンタンカンをチョイス。 珈琲まずまず、一口味見させてもらったストレートタンカンが、絞ったママな感じで大好評! そして・・・ ボスと私の誕生日が訪問日に近かったので、嬉しいサプライズ!(tomakoさん、Tさん、Cチャンありがとう❤) ボスのケーキプレートは投稿サイトに載せましたが、このプレートの他に、プレゼント! これはボス用、ランチボックス(?) これ絶対呑み助なら大好きな感じ!(多分店主もお酒好きだと推察 笑) 私は限定の日本酒(四合瓶)をいただき、メッチャ嬉しい♪(ありがとう!再び) 誕生プレートにあしらわれてたハーブを、ちゃっかり持ち帰り、ハーブウォーターと、水に挿してみた。 実は昔ハーブに凝ってた時期があったので、(地面に)挿して増やしたいところだけど、これから冬に向かうしな~(^^;) 完全予約制、ゆったりとした時間を過ごせるお店でオススメです。 手作りパンとコロダッチのお店 Lunchica(ランチカ) 河西郡芽室町西士狩北7-22-8 080-1893-7876 11:30~ 定休日:日曜・祝日 国見山横の「やまざと幼稚園」と「Lunchica」の看板を曲がるのが、一番行き易いルートかな~ そう言えば帰り道、某スーパーカー会長の豪邸発見!!(@_@)

クラブメッド北海道トマム

ハル隊長 / other

もうOctober!(@_@) 今年も残りあと2ヶ月!←と書いて気付く(汗) 10月旅行予定だから、またアッと言う間に11月になるに違いない(^^;) どうもハル隊長です。 さて今回は、トマムのクラブメッド北海道に泊まったのが、すご~く楽しくて、某投稿サイトには載せれなかった写真も加えて、ご紹介。 転記しても良いけど、字数が多いので、引用でご勘弁 クラブメッド北海道トマム ↓ https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1062682/ 私の誕生日近辺に(おとめ座よ♡ピッタリでしょ!?←と誰も言わないので自分で言ってみる)、オットはサプライズの発想が全くナイので、自分手配とゆう(^^;) やはり滞在中のドリンク類込みと言うのが決め手?(笑) 本当はトマムまでJRを使えば、帰る日も酒が飲める!と調べるも、特急しかないからお高く(×2名だしネ 汗)、それなら高速使った方が安いワ…と断念(^^;) ステージ前には、夜のショーを見るためのソファーが並び、窓に面してるところには、Bar使いでも良いカウンターテーブルがありました。 この軽食(つまみ)もフリー! ビールはカウンターにて頼めば、いくらでも飲む事可能(笑) 夕食はワールドビュッフェと言うだけあって、割とバイキング経験値高い方だと思うけど(昔ハハが食事制限の人だったので、基本バイキングのホテル泊)、こんな各国料理が並んでいるのは、初めて! ジャパニーズコーナーにこんな感じで寿司が並んでましたが、ココに来てまで食べること無いよね(笑) コレは外国人向け? 今回じゃらんから予約しましたが、宿からの質問に、バーでのアルコール提供を含むプランの為、生年月日を書くようになってました。 チェックインし部屋に入ると、ベットの上にはhappy birthdayカードがあり、夕飯時にお持ちくださいとあり。 当初もう少し早い時間を指定していたけど(そのやり取りも英語。途中話が通じないと日本語出来るスタッフが通訳に呼ばれたw)、食べるのに遅くなり時間をずらすと、別なテーブルで 遠くから拍手で(手の空いてる?)クラブメッドスタッフG.O(ジェントル・オーガナイザー)がやって来て、バースデーソングを歌ってくれ、大注目!(心構えが出来てヨカッタわ 笑) 私のところに来たケーキの蝋燭も吹き消し、ドレスアップした(確か)台湾出身の現トマム総支配人(女性)とも握手し、普通のオバチャン舞い上がる(苦笑) 食べる(飲む)のに忙しく、20:30~劇場にてショータイムに、ギリギリ滑り込み当然立ち見。 女性の衣装がセクスィーだったので、ワザとボケた写真にしました(オットがバチバチ写真撮ってた(^^;)) サーカス的ショーや(動画撮ってたけど載せれず)踊りなどで、ココハホントウニニホンデスカ?状態(@_@) 翌朝は一番楽しみにしていた雲海テラス(ゴンドラ通常大人1900円も含む)は・・・キレイにトマムリゾートを見ることが出来ました(笑) これはクラウドウォーク 毎年進化してるので、また数年後リベンジですね! 一応水着準備も、時間的に入らずに・・・(^^;) そう言えば、ミナミナビーチにて可愛い水着姿を思い出した! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=603 品田さーん、イオン2階R&CROSS勤務、お元気ですか? 娘さんも大きくなったんだろうな~ よーし次回はもっと滞在して、満喫するぞ! クラブメッド 北海道トマム 勇払郡占冠村字中トマム2171-2 0167-56-9800 15:00~チェックイン 翌~10:00チェックアウト

サロン齋藤亭(火曜ワンプレート)

ハル隊長 / other

tomakoさんファンの皆さま、ごめんなさいm(__)m 今週はトマコさんUPの週でしたが、前回同様残り僅かな営業のお店?を紹介したく、無理を言って代わってもらいました。 どうもハル隊長です。 某投稿サイトに載せるのは、自分的にNGなので(10月いっぱい&レンタルスペース)、こちらまで見てくれる方に、あと5回チャンスあるランチが美味しかったので、特別にご紹介。 新聞に載った『情報の無い情報誌 北海道十勝ディープトリッパー』なるフリーペーパーが気になり探していると(←詳しくは書かないけど繋がりアリ)、ひょんなことからサロン齋藤亭にて『火曜ワンプレート』やっているのを知り、予約してお邪魔してきました。 サロン齋藤亭の存在は知っていたものの、初めて踏み入れる築80年の古民家を改装したスペースは、古き良き時代の物を残しつつ、「なんということでしょう(ビフォーアフター風)」、雰囲気ある居心地の良い空間になってます。 サロン齋藤亭について、興味がある方はこちらをどうぞ https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00623/ 広い和室は音楽会他、いろいろ使えそう!(畳はスリッパ脱いでくださいとの案内あります) レトロ好きにはタマラナイお部屋ですね 1人なので、案内された席に座ります。 この日のワンプレート1200円 メニュー表あり(書くのが楽チンだ 笑)、カボチャスープ起点に時計回りだと、サラダ、タラモサラダ、ザワークラウト、コリンキーのナムル、卵焼き、ピーマンおかか和え、なすの蕎麦味噌、タコのキムチ、ひじきの豆腐和え、ご飯にはキャベツとひき肉のカレーチャップ、紅あずまスティック添え アップでも撮ってみる(笑) なすの蕎麦味噌がインパクト大! 蕎麦の実が、びっくりするほどサクサク♪ 蕎麦の実煎ってるのですか?と聞けば、煎って半分味噌と合わせ、半分はトッピングにしたとの事。 この蕎麦味噌だけで、ご飯が無くなるワ(笑) 他コリンキーがコリコリ食感!で面白い♪ ご存知だと思いますが、コリンキーとは(コンキリーじゃないよ 笑)生でも食べられるように改良されたカボチャの一種で、熟す前に若取りすることで、クセや苦味が少なく栄養価も高いらしい。 食感&ナムル味に意表突かれます。 素揚げの紅あずまが、ホクホク、ウマウマ❤ タラモサラダは、私もたまに作るけど、私はコレにマヨネーズを加え&混ぜ、オーブントースターで焼けば、タラモなんちゃってグラタン(笑) ザワークラウトは、しっかりと発酵したものだけど酸っぱ過ぎず、クミンかと思ったらキャラウェイで清涼感。 店主はナチュラルココミント店のプチカフェでお惣菜を手掛けているので、ナルホド腕は確かですね〜 ワンプレートで1200円?と思うかもしれませんが、この品数&味を変え(同じ味付けはナイ)、週1回3時間の営業ですが、メニューを考え&仕込み&ランチ提供し&後片付けと、準備を合わせ3日間くらいかけている…なら、もう少しUPしても大丈夫では(笑) 手伝いに来ている、店主のお母様手作りのお惣菜も、味見して~といただきました。 ミニトマトのハーブ漬け?、荏胡麻。 この荏胡麻、食べた感じピリ辛醤油漬けが、ご飯がススミそうな味で、大盛り白飯くださ~い(ギャル曽根風 笑) ワンプレートには、デザート&ドリンク付き。 この日はプチサンデーか、手作り柚子のジュレと言ってましたが、サッパリアイスをチョイス。 ドリンクは、珈琲or紅茶orルイボスティー(各温・冷可能)で珈琲をお願いします。 ポコポコ音が聞こえたので、コーヒーメーカー落としかな~しっかりとコクあり、好みのコーヒーでした。 野菜は大正の荒川ファーム産。 販売もしてますよ~(値段付け前の状態) 紅あずま買うか迷ったけど、買ったら作らないとイカンので、平日はやる気出ず(^^;) 火曜ワンプレート、10月は火曜が5日あるので、残り5回となります。 店主は別な形態のお店を始める計画があるので、その時はまた紹介!・・・出来るとイイナ~ サロン齋藤亭 帯広市東2条南4丁目19番地 (ご利用は1時間500円~) https://ja-jp.facebook.com/salonsaitotei/ 火曜ワンプレート 11:30~14:30 1人でやられてるので、予約がオススメ。 13時過ぎたら、席に余裕あり、店主と話すのも可能? 連絡先は、FB及びインスタをチェック願います。 https://www.facebook.com/tuesdaysoneplate/ https://hashtagen.com/tag/salon%E9%BD%8B%E8%97%A4%E4%BA%AD オマケ まだUPは先になるけど、先日お食事会の時、誕生日が近かったので、お祝いしていただきました!(tomakoさん、Tさん、Cチャンありがとう!) その時いただいたプレゼントは、大好物の日本酒❤︎ 食材整理あるもの料理なので、タンドリーチキンや豚汁がメニューに入ってるのはご愛嬌。 大吟醸だから、ワイングラスで…あっという間に1人で飲み干してしまったとゆう(^^;)

農家のお店ひより(ひより食堂)

ハル隊長 / FOOD

9月に入ってからの30℃越えにはビックリしたけど、ようやっと秋めいてきましたネ! 秋と言えば、食欲の秋❤←って年中じゃんって突っ込みはナシで(笑) どうもハル隊長です。 それにしてもトマコさん ランチコースの後に、ワゴンデザートビュッフェの全部取り!更にアイス2種追加とは!!(@ ̄□ ̄@;)!! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=1098 酒飲みオバチャンには無理っす(^^;) さすがスイーツ女子♪ さて今回紹介するお店は、某投稿サイトに今年は載せないので、こちらまで見てくれる方に、特別お知らせしまーす。 何故載せないかと言えば、もう営業が残り僅かなので、某サイトだと営業して無い時に訪問した方が、ご丁寧にも「営業してません」の旨を事務局に報告してると思われ、掲載保留処理されてしまう可能性があるんですよね(^^;) 例1:6~9月末まで営業の愛冠うどん屋「赤虎」 https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011104/1056114/ 例2:予約のみ営業の「おり茂」 https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1054548/ 場所は幕別本町から、更別に向かう道沿いにありますが、ナビに番地まで入れるとたどり着けると思います。 直売所で売っていた野菜の一部。 他「菜(sai)」さんとのコラボした、きなこクッキーもありました。 直売所「ひより」は6年位前、自家用で作るトウモロコシがあまりに美味しかったのでいろんな人に食べてほしいと思ったのがきっかけで、農園の敷地内にテントを張り、薪ストーブで茹でて販売。それがとても好評で、近所の商店跡の建物を譲っていただき、そこから農家のお店「ひより」を始めた(by北の女性 元気・活躍・応援サイト) ほぼ満席状態だったので(店内写真撮れず)、まだランチあるかを確認しテーブル席に座ります。 しばらくすると野菜が補充され、サラダは自分で盛る方式。 このサラダ、野菜の種類が多く、見た目もカラフル!そして野菜の味が濃ゆい♪ 野菜好きオバチャン(私)大興奮(笑) サラダにオクラが入ってる~しかも紅オクラも♪ トマトは赤は当然、黄色・オレンジ・緑! ドレッシングは2種・ピンク塩・抹茶塩(?)があり、抹茶で食べたけどこれ抹茶味が濃いので、自分配合かも? もう一つのお皿、キュウリとアスパラの和え物は、和風ドレッシング?めんつゆ?和えで薄味。 つい美味しくて、お代わりまでしてしまった(^^;) 営業は週3日で、火曜は素揚げ野菜などをトッピングしたカレー、水・木曜は「豚丼定食」かその時々で内容が変わる「ワンプレートランチ」数量限定各800円(by十勝ぐるめぐり) 他の方が頼んだ豚丼がチラッと見えたけど、山わさびみたいのが乗っていた気が?(+小鉢2品付) 当然ワンプレートランチ(サラダ・スープ・コーヒー付)800円頼むよね♪ 少し先に出してくれたカボチャスープは、色合い的に、皮も入っていると思われ、舌触りと共に、ザ・カボチャ! 食べた感じ右から、ビーツのマリネ、ズッキーニフライ・素揚げ?アスパラ添え、胡麻豆腐(かな?)の下にはバジルの葉、蕪とアスパラのモッツアレラチーズ焼き、茄子と唐辛子の肉炒め、ミニトマト、冷奴の下の青紫蘇・トッピングはシソの実の塩漬け、実山椒入り玉子焼きと、コーンご飯。 茄子炒めがしっかりとした味付けで、ご飯がススム~♪ 一時期流行った、1日30品目食べましょう(そんなに食べたら太るワ(^^;)消える健康法多々)をこのランチだけでクリアしそう♪ ちなみに新聞コラムの時は(I沢さん、ココ通りすがりに発見!訪問ですか? 笑)、こんなプレートだったので、足りるかな~と思ったけど、品数多く野菜でお腹いっぱいになるとは!(笑) お水・紙おしぼり・箸もセルフ 食後のコーヒーはセルフだけど、店主がカップに入れて運んでくれました。 オクラ30円を5本お買い上げ♪ 時間が優雅ランチを終え、午後からの仕事をこなし(←嘘です 笑)、家に帰ると… いつも野菜をいただくご近所さんから、大量に届いてた! そう何故オクラだけしか買わなかったと言えば、買えば野菜が届く法則なので、オクラは今年作ってないな、とダブらないように(笑) 数日前にも、大豊作だと思われる、大長なんばんをいただいていた。これは貰って半分くらい消費した後の量!凄いでしょ(笑) いよいよ赤くなってきた南蛮も出てきたので、佃煮にしましたよ~ 農家のお店ひより(ひより食堂) 中川郡幕別町南勢224-3 090-1522-2383 火・水・木営業 今年8/4から食堂の営業を始め、FBを見ると9月は残り25.26日の2日間のみとなり、直売所ともに10/1までの営業です。 念のため、行かれる方はFBをチェックですゾ! ↓ https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Agricultural-Cooperative/%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E8%BE%B2%E5%9C%92-565401130211601/

続・百里香

ハル隊長 / FOOD

あらトップ画像の字が切れてるわ(汗) どうもハル隊長です。 さて清寿司木野店の最寄りバス停より、大人1人200円かけてバスに乗り、街中へ https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=1084 前回に引き続きご紹介するは、続・百里香です。 「続」の前の百里香にも来た事ありますが、現在のお店の方が、色々な意味で一見さんでも入りやすいかと(笑) 既にジョッキ各3杯は飲んでいるのに、頼むのは中ジョッキ500円(+税)の2倍入ってる、男気ビールサッポロクラシック880円!でかんぱ~い♪ 一応爪楊枝を大きさの比較として置いてみた お通しは枝豆@278円×2名分 餃子=焼きと思っているオットがいるので、焼餃子6個550円を注文。 野菜や香味野菜、そして手作りの皮がウマイ餃子♪ オットは相変わらず、醤油+辣油ですが、私は醤油+酢+胡椒でさっぱりといただきます。 新しいメニューと頼むは、水餃子(スープ無し)6個550円 ボイルした水餃子って感じでイケるけど、やはりスープまで飲める水餃子(スープ)に軍配。 私的には焼餃子<水餃子(スープ)です 数量限定となっていた、レバニラ880円 レバーは私しか食べないけど、自分じゃ作らないので、見かけたらつい頼みますが、オイスターソース(かな?)味が濃くて、サケがススむわ(笑) レバーもちゃんと下処理され、もやしもシャキ♡ むか~し大通南24くらいにあっただるま軒(だったか、昔過ぎて検索してもヒットせず、店名違ったら申し訳ない)のレバニラが好きで、食べたくなったら1人で食べに行ってました。 それ以来なかなかコレ!と思うレバニラが無かったけど、次回メニューに有ったら、また頼みたい♪ トマコさんなら上手に店内写真撮るけど、人が写り込んで加工してまで載せようと思わないので(ただ単にものぐさ)、人がいないところをパチリとでご勘弁(^^;) ドリンクメニュー 1軒目だったら、男気ビール2杯は楽勝♪(←自慢ではありません 苦笑) 税抜き価格 ドリンク頼まなければ、多分お通し付かず、ご飯使いとして大丈夫かと 黒板メニューも要チェック! 続・百里香 帯広市西1条南11丁目1-1 0155-67-4166 定休日:不定休 黒板を見ると、日曜、時々月曜日 会計中、店主(男性)の背中撮っても良いですか?とTシャツ写しました。 ちなみにホール女性は赤を着ていて、そちらもカワイイでーす。

LIST

RELATION ARTICLE関連記事/other

ウズベキスタン旅行

ハル隊長 / other

トマコさ~ん 観劇ツアーは、満喫したかしら? ちょうどその日トマコさんに用事有りLINEすると、倶知安経由でランチとな! その模様を、そのうちR&CROSSブログでも紹介してネ❤ どうもハル隊長です。 沖縄旅行で風邪をひき、ウズベキスタンに向かう機内では、咳が酷くてマスク女(^^;) 周りの人は、そんな状態で旅行に来たの?と思っていたに違いない(汗) 自分の日記でも紹介する予定ですが、先にR&CROSSにて、旅の模様をサラッとご紹介。 昨年新千歳空港発ウズベキスタン航空往復チャーター便のパンフが目に留まり、青く輝くレギスタン広場(トップ画像)に強く心が惹かれた。 今年も同様のツアーが催行されたので、思い切って申し込み。 プラス10万でウズベキスタン・カザフスタン・キルギス3ヶ国周遊ツアーもあったけど、ただでさえ周遊は慌ただしいのと、通貨が3ヶ国違うので(ウズベキスタン=スム、カザフスタン=テンゲ、キルギス=ソム)、同じ6泊8日しかないのに(往復チャーター便は一緒)、欲張っても疲れるだけだわ…と1ヶ国じっくり作戦…と言いつつ、1日600キロのバス移動日有ったので、結構ハード(^^;) 通貨はスムとなり、日本円からは難しいので、ドルを用意するよう言われました。 インフレでスムの価値が下がっているので、この写真は現地ガイドさんが両替してくれた20$分のスム。 ツアー参加者にポーチプレゼントとなっていたので、それは多分札入れになるに違いないと思ったら、その通りでした(笑) ちなみに、トイレは1000スム(約11円) ローカルビール500ml1缶10000スム(約115円) バザール(市場)では日本と変わらないくらい豊富な野菜、疎いので何に使うか不明なスパイス、そして毎回食事に出てきた「パン」 ガイドさんが紹介し(これで1キロくらいある)、温かい状態で味見したパンが、密度有りむっちり!塩味を感じ一番美味しかった♡ ウズベキスタンの伝統工芸品 ①絨毯は見本を見ながら織ってました。 大きさにもよるけど、玄関マットサイズ(本当は1人お祈り用大きさ)で3~4ヶ月かかるといってたよーな… ②刺繍(スザニ) 主に壁掛けとしてつかわれていると説明あり お土産に買いたかったけど、ちょうどこの柄でこの大きさと言うのが無かったので断念。 ③コウノトリの鋏 ブハラでしか売ってなく、ガイドさんが案内してくれたこちらのお店では、カード可(ウズベキスタンはほぼキャッシュ)、ドル払いOK!、ガイドさんがいたからか日本円払い可且つ希望のネームも彫ってくれるサービスあり(笑) オスとメスがあり、小さいので20か25ドルくらい?(買って無いのでうろ覚え) ツアーなので全食事付は、楽チンだけどつまらない(^^;) そんな中、ちょっとした自由時間で食べて印象に残ったものは ①イスマイール・サマニ廟と同じ敷地内?に、遊園地があり(観覧車あり5000スム)、ザクロのジュース絞り立て!とカメラを向けると、オジサンがポーズとってくれました(笑) サマニ廟見学の後、観覧車も気になったけど、好奇心に勝てず1カップ(プラ容器)を頼むと、1杯5000スム(約58円)。 一口目は酸っぱいジュースでしたが、飲むと段々慣れてきて、砂糖加えてジャムにしたら、もっと美味しそうに感じたお味でした(笑) 写真が私のテクじゃ修整できず、ここから見辛くてスミマセン 朝は2℃、日中は20℃超えてた時、スーパーマーケットでビール&ワイン&ジュースを買い、重ーい・暑ーい(汗)と思ってた時に、ソフトクリーム発見! 5000スム、ファイブ サウザンドと英語で答えてくれた(観光客と接する人以外全く英語通じない)若いお姉さんが持っている写真をまずはパチリ(何やってるだか(^^;)) 密度高いソフトクリームで、美味しかったデスヨ♡ ガスステーション併設の売店で見かけ、これは何と聞いたら、ガイドさんが「美味しいよ」と。 見た目から多分チーズ?と、2回目見かけた時買ってみた。この一袋5000スム これちょっとショッパイけど、スモーク利いたチーズでウマウマ❤ 配った周りの人からも、オイシイの評価! スーパーで見かけたものは、もっとちゃんとしたパック入りだったけど、倍の値段だった(^^;) これ戻って買い占めればヨカッタな… 食事時、周りの飲みそうな人に声を掛け、3人で1本頼むと、120000スム(約1386円) 出てきたボトルを見ると、スーパーマーケットで20000スム(約230円)で買った、同じワインではないか(笑) このローカルワイン、バギザガン 調べるとサマルカンド州にあるワイン工場で、農場でのブドウの栽培からワインへの加工まで、全て自社で行っているらしい。 飲んだ感じ、ブドウが濃い~これ時間を置いても、味変わら無さそうな? ウズベキスタンでは、グリーンティー・ブラックティー(紅茶)なので、珈琲はナント、インスタント(@_@) 決して珈琲中毒ではないけど、後半ちゃんとした珈琲が飲みたくなりました。 いつも(仕事辞めて)起業を夢見てるので(苦笑)、今のところ物価は安いから、年金で暮らせそう? 観光地横で「自家焙煎珈琲」のお店を出せば、海外からの珈琲文化圏観光客には受けるのでは!?なーんて・・・ ただ一つ。 出国前の説明会で添乗員さんが言ってたけど「日本のトイレは世界一ですから~」の通り、ウズベキスタンではトイレにペーパーを流せない(^^;) 流さない前提?の、しっかりとしたトイレットペーパーなんですよね~ 新千歳空港のトイレで、ペーパー流せたのが嬉しかったナ(笑) あと旅行前、旅行中添乗員さんから、散々油及び水が日本と違うので、美味しくても最初は料理食べる量を控えるようにと言われたので、注意してたのもあり全くヘーキ。 が、日本に帰って来てから、疲れているところに生もの(生寿司)を食べたら・・・痩せてないけど2キロくらい体重が減り、ようやっと復活してきたところです(^^;) 以上、旅の報告でした

クラブメッド北海道トマム

ハル隊長 / other

もうOctober!(@_@) 今年も残りあと2ヶ月!←と書いて気付く(汗) 10月旅行予定だから、またアッと言う間に11月になるに違いない(^^;) どうもハル隊長です。 さて今回は、トマムのクラブメッド北海道に泊まったのが、すご~く楽しくて、某投稿サイトには載せれなかった写真も加えて、ご紹介。 転記しても良いけど、字数が多いので、引用でご勘弁 クラブメッド北海道トマム ↓ https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1062682/ 私の誕生日近辺に(おとめ座よ♡ピッタリでしょ!?←と誰も言わないので自分で言ってみる)、オットはサプライズの発想が全くナイので、自分手配とゆう(^^;) やはり滞在中のドリンク類込みと言うのが決め手?(笑) 本当はトマムまでJRを使えば、帰る日も酒が飲める!と調べるも、特急しかないからお高く(×2名だしネ 汗)、それなら高速使った方が安いワ…と断念(^^;) ステージ前には、夜のショーを見るためのソファーが並び、窓に面してるところには、Bar使いでも良いカウンターテーブルがありました。 この軽食(つまみ)もフリー! ビールはカウンターにて頼めば、いくらでも飲む事可能(笑) 夕食はワールドビュッフェと言うだけあって、割とバイキング経験値高い方だと思うけど(昔ハハが食事制限の人だったので、基本バイキングのホテル泊)、こんな各国料理が並んでいるのは、初めて! ジャパニーズコーナーにこんな感じで寿司が並んでましたが、ココに来てまで食べること無いよね(笑) コレは外国人向け? 今回じゃらんから予約しましたが、宿からの質問に、バーでのアルコール提供を含むプランの為、生年月日を書くようになってました。 チェックインし部屋に入ると、ベットの上にはhappy birthdayカードがあり、夕飯時にお持ちくださいとあり。 当初もう少し早い時間を指定していたけど(そのやり取りも英語。途中話が通じないと日本語出来るスタッフが通訳に呼ばれたw)、食べるのに遅くなり時間をずらすと、別なテーブルで 遠くから拍手で(手の空いてる?)クラブメッドスタッフG.O(ジェントル・オーガナイザー)がやって来て、バースデーソングを歌ってくれ、大注目!(心構えが出来てヨカッタわ 笑) 私のところに来たケーキの蝋燭も吹き消し、ドレスアップした(確か)台湾出身の現トマム総支配人(女性)とも握手し、普通のオバチャン舞い上がる(苦笑) 食べる(飲む)のに忙しく、20:30~劇場にてショータイムに、ギリギリ滑り込み当然立ち見。 女性の衣装がセクスィーだったので、ワザとボケた写真にしました(オットがバチバチ写真撮ってた(^^;)) サーカス的ショーや(動画撮ってたけど載せれず)踊りなどで、ココハホントウニニホンデスカ?状態(@_@) 翌朝は一番楽しみにしていた雲海テラス(ゴンドラ通常大人1900円も含む)は・・・キレイにトマムリゾートを見ることが出来ました(笑) これはクラウドウォーク 毎年進化してるので、また数年後リベンジですね! 一応水着準備も、時間的に入らずに・・・(^^;) そう言えば、ミナミナビーチにて可愛い水着姿を思い出した! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=603 品田さーん、イオン2階R&CROSS勤務、お元気ですか? 娘さんも大きくなったんだろうな~ よーし次回はもっと滞在して、満喫するぞ! クラブメッド 北海道トマム 勇払郡占冠村字中トマム2171-2 0167-56-9800 15:00~チェックイン 翌~10:00チェックアウト

畑でレストラン2019in宇井農場

かごめ とまこ / other

とまこです(*´▽`*)ゞ 畑でレストランに参加して優雅なランチを堪能してきましたのでご紹介します☆彡 畑でレストランとは・・・ 「コープさっぽろ農業賞」を受賞した生産者さんの畑に1日限りの「ランチレストラン」を開店。 絶景のロケーションの中で、北海道で活躍する人気シェフが畑の採れたて野菜を使って、 スペシャルランチコースをご提供します。 北海道農業を支える生産者やシェフの思いを知り、北海道の食の豊かさを感じることができる 大人気イベントです。(HPより) 2017年に初めて参加してとっても楽しかったので翌年も絶対に行こうと決めていたのですが 2018年は開催されず。。。あ~もうやらないのかな?と思っていたら! 今年は開催するとの情報を入手し早速応募しました(;´∀`) 運よく、自分の分とお友達の分が当選してしまったので、R&CROSS社長とお友達のH園社長に お譲りし現地集合で会場入りしました♪ あいにく席が決められていたため、離れて座る事になったので、お話しが出来なかったのが残念です。。。 今回の開催地は道内各所全20か所です。その中でも十勝は3か所もありました! 参加したのは新得町の宇井農場さんです(´∀`*) 担当するシェフは北の屋台で人気の「マリヨンヌ」店主の小久保シェフです♪ 『畑でレストラン2019in宇井農場(新得町)』 天気にも恵まれ十勝晴れです∩(´∀`)∩ お食事する会場は敷地内にある太陽の日差しが差し込む手作りの森の中。 避暑地には最高の場所ですが、今回ちょっと肌寒かったです(;´∀`) 畑見学会では日高山脈と旭岳が見える絶好のロケーションで作られているたくさんの野菜たち。 ジャガイモ、カボチャ、人参、キャベツ、白菜、大根、スイートコーン、そばを有機栽培で育てています。 千葉県出身の宇井さんは就農して39年!同期は共働学舎さんだそうです♪ そして赤いサイロと建物は修復して現状維持しているそうです。リアルなつぞらです(o´▽`o)ノ 森の中にはハンモックもあって、昼寝には最高ですね♪ 壊れたら怖いので乗りませんでしたけど( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽ お食事中は生産者の宇井さんのアコーディオンの音色が心地よかったですね~( *´艸`) さて!いよいよお食事です∩(´∀`)∩ ◆ぶどうジュースとりんごジュース(各300円) ぶどうジュースはキャンベルアリー。ロゼにも使われている長沼町の自由の丘ワイナリーの葡萄です。 ◆りんごジュースは、七飯町特産、函館ワインで作られているジュースです。 どちらもとっても美味しくて結局2杯飲んでしまった(;´∀`) ◆焼きトウモロコシの冷製スープ生ウニとコンソメジュレ トウモロコシの甘さが際立った美味しいスープに、大人の味で生ウニ♡ ◆マチルダとラクレットチーズのアリゴ、ツブ貝の包焼き 肝ソース マチルダに十勝川温泉で磨いているラクレットチーズを練り合わせたもの。それがアリゴ それと、大樹町産の赤つぶをマリネしたもの。 それをブリックとゆー皮で包んでオーブンで焼いたものです♪ ツブの食感とじゃがいもとチーズのまったり感が肝ソースに合うぅぅ~ヾ(o´▽`)ノ゙ ツブの肝をオーブンで焼いてそれをあさりの出汁でつないでバターで仕上げた特製ソース!絶品! 断面と一緒にご覧ください(´∀`*) パンが欲しいですわ~(;´∀`)しかし。。。パンは結局出て来ませんでした(;・∀・) 全てのソースがとっても美味しかったのでパンに付けて食べたかった~(ノ∀`) ◆人参のローストと新得地鶏 ニンニクとアンチョビソース 宇井農場さんで採れた人参のローストです。お~っとΣ(・ω・ノ)ノ!あたしの苦手な人参が。。。デカッ! それがとっても美味しくて完食しました(;´∀`) ニンニクも宇井農場さんで採れたものだそうです。このアンチョビソースがまた美味しい事( *´艸`) 音更町の竹内養鶏場さんの卵で作った温泉卵のソースもかかっていたようですが、 正直あまりよくわかりませんでした(;´∀`) 新得地鶏は、皮はパリッと、お肉はとっても柔らかくて弾力あって、んまぁ~ヾ(≧▽≦)ノ゙ ◆宇井さんのソバ あさりとカラスミ風味 共働学舎のチーズ パンが出ない代わりに宇井さんで作られいる蕎麦が出てきました! カラスミは食べた事がないので、風味と言われてもあまりわからなかったです(ノ∀`) 結構濃いめの味付けで、変わったお蕎麦でした! ◆カボチャのクリーム仕立て 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み メインは黒毛和牛とホルスタインの掛け合わせの交雑種の十勝産牛肉です。 と~っても柔らかくて箸で頂けちゃうトロトロさ! 絶対パンだよね~。゚(゚ノ∀`。゚(゚ノ∀ヽ゚)゚。´∀ヽ゚)゚。 ◆カボチャとクリームチーズクリーム ソバ粉のビスキュイ 最後は宇井さんで採れたカボチャを使ったスイーツです♪ 上に蕎麦の実が乗っていてカリカリの食感と甘すぎないカボチャが最高でした! 今回2回目の参加でしたが、自然の中で頂く大地の恵に感謝です(o´▽`o) 日頃の行いがいいおかげで?笑   ちょっと寒かったけど青空の下で美味しいお料理を頂く事が出来ました( ´∀`) 今回の参加費は6500円+ドリンク代です。 ✤宇井農場(新得町)✤ 住所:北海道上川郡新得町上サホロ105 シェフ:マリヨンヌ(小久保康生シェフ) 開催日:2019.9.21

サロン齋藤亭(火曜ワンプレート)

ハル隊長 / other

tomakoさんファンの皆さま、ごめんなさいm(__)m 今週はトマコさんUPの週でしたが、前回同様残り僅かな営業のお店?を紹介したく、無理を言って代わってもらいました。 どうもハル隊長です。 某投稿サイトに載せるのは、自分的にNGなので(10月いっぱい&レンタルスペース)、こちらまで見てくれる方に、あと5回チャンスあるランチが美味しかったので、特別にご紹介。 新聞に載った『情報の無い情報誌 北海道十勝ディープトリッパー』なるフリーペーパーが気になり探していると(←詳しくは書かないけど繋がりアリ)、ひょんなことからサロン齋藤亭にて『火曜ワンプレート』やっているのを知り、予約してお邪魔してきました。 サロン齋藤亭の存在は知っていたものの、初めて踏み入れる築80年の古民家を改装したスペースは、古き良き時代の物を残しつつ、「なんということでしょう(ビフォーアフター風)」、雰囲気ある居心地の良い空間になってます。 サロン齋藤亭について、興味がある方はこちらをどうぞ https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00623/ 広い和室は音楽会他、いろいろ使えそう!(畳はスリッパ脱いでくださいとの案内あります) レトロ好きにはタマラナイお部屋ですね 1人なので、案内された席に座ります。 この日のワンプレート1200円 メニュー表あり(書くのが楽チンだ 笑)、カボチャスープ起点に時計回りだと、サラダ、タラモサラダ、ザワークラウト、コリンキーのナムル、卵焼き、ピーマンおかか和え、なすの蕎麦味噌、タコのキムチ、ひじきの豆腐和え、ご飯にはキャベツとひき肉のカレーチャップ、紅あずまスティック添え アップでも撮ってみる(笑) なすの蕎麦味噌がインパクト大! 蕎麦の実が、びっくりするほどサクサク♪ 蕎麦の実煎ってるのですか?と聞けば、煎って半分味噌と合わせ、半分はトッピングにしたとの事。 この蕎麦味噌だけで、ご飯が無くなるワ(笑) 他コリンキーがコリコリ食感!で面白い♪ ご存知だと思いますが、コリンキーとは(コンキリーじゃないよ 笑)生でも食べられるように改良されたカボチャの一種で、熟す前に若取りすることで、クセや苦味が少なく栄養価も高いらしい。 食感&ナムル味に意表突かれます。 素揚げの紅あずまが、ホクホク、ウマウマ❤ タラモサラダは、私もたまに作るけど、私はコレにマヨネーズを加え&混ぜ、オーブントースターで焼けば、タラモなんちゃってグラタン(笑) ザワークラウトは、しっかりと発酵したものだけど酸っぱ過ぎず、クミンかと思ったらキャラウェイで清涼感。 店主はナチュラルココミント店のプチカフェでお惣菜を手掛けているので、ナルホド腕は確かですね〜 ワンプレートで1200円?と思うかもしれませんが、この品数&味を変え(同じ味付けはナイ)、週1回3時間の営業ですが、メニューを考え&仕込み&ランチ提供し&後片付けと、準備を合わせ3日間くらいかけている…なら、もう少しUPしても大丈夫では(笑) 手伝いに来ている、店主のお母様手作りのお惣菜も、味見して~といただきました。 ミニトマトのハーブ漬け?、荏胡麻。 この荏胡麻、食べた感じピリ辛醤油漬けが、ご飯がススミそうな味で、大盛り白飯くださ~い(ギャル曽根風 笑) ワンプレートには、デザート&ドリンク付き。 この日はプチサンデーか、手作り柚子のジュレと言ってましたが、サッパリアイスをチョイス。 ドリンクは、珈琲or紅茶orルイボスティー(各温・冷可能)で珈琲をお願いします。 ポコポコ音が聞こえたので、コーヒーメーカー落としかな~しっかりとコクあり、好みのコーヒーでした。 野菜は大正の荒川ファーム産。 販売もしてますよ~(値段付け前の状態) 紅あずま買うか迷ったけど、買ったら作らないとイカンので、平日はやる気出ず(^^;) 火曜ワンプレート、10月は火曜が5日あるので、残り5回となります。 店主は別な形態のお店を始める計画があるので、その時はまた紹介!・・・出来るとイイナ~ サロン齋藤亭 帯広市東2条南4丁目19番地 (ご利用は1時間500円~) https://ja-jp.facebook.com/salonsaitotei/ 火曜ワンプレート 11:30~14:30 1人でやられてるので、予約がオススメ。 13時過ぎたら、席に余裕あり、店主と話すのも可能? 連絡先は、FB及びインスタをチェック願います。 https://www.facebook.com/tuesdaysoneplate/ https://hashtagen.com/tag/salon%E9%BD%8B%E8%97%A4%E4%BA%AD オマケ まだUPは先になるけど、先日お食事会の時、誕生日が近かったので、お祝いしていただきました!(tomakoさん、Tさん、Cチャンありがとう!) その時いただいたプレゼントは、大好物の日本酒❤︎ 食材整理あるもの料理なので、タンドリーチキンや豚汁がメニューに入ってるのはご愛嬌。 大吟醸だから、ワイングラスで…あっという間に1人で飲み干してしまったとゆう(^^;)

十勝川温泉 三余庵

ハル隊長 / other

と、と、トマコさん! 残業100時間は切ったって… アリエネ━Σ(。・д・ノ;)ノ━ッ!! https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=930 それって、はっきり言ってブ○ック⁉︎・・・(^^;) どうもハル隊長です。 平日そんなに働き(働かされ?)、土日精力的に美味しいモノ食べに行って、R&CROSSや自身のブログUPされて凄いな~(@_@) でもあまり無理しないで、たまにはゆっくりしてネ! さて今回の日記(笑)は… 家PCのメルマガをチェックしていたら、ぐうたび北海道でふっこう割クーポン第三弾が出たのを発見! 近場で良いから風呂三昧したいと、以前もこちらで紹介した豊洲亭を見るも、都合の良い日は空いてない(汗) https://www.r-cross.jp/mg_detail.php?id=380 それではむか~し泊まった三余庵はどうじゃろ?と、辛うじて空いていた、温泉ひのき風呂付和室、クエ付プラン¥72100(税別・サ込)を予約(ふっこう割20000円使用し約58000円+飲み物代) 余談だけど、ここ予約した後に、欲しい欲しい病のオットが、今年アタマからパンフレット眺めていた、某人気車を買うことになり(今年10年目の私が乗ってる車の方)、こんな贅沢してるバヤイでなかったワ(^^;) 本当はチェックイン開始時間ピッタリに行こうと思ってたけど、上士幌までカレーを食べに行き、17時頃と遅くなった(汗) と言うのも、トップ画像のbar道草では、18時までフリードリンクなんですよね~ 荷物を部屋に置き、辛うじて駆けつけ各2杯飲む(^^;) スタッフが気配り目配りは嬉しいが、雰囲気等ガブガブ飲む感じでないのが…(苦笑) 飲まない方には、甘酒やカントリーホーム風景の牛乳などがありましたヨ~ ちなみに今回のお部屋です。 この奥の和室横には、最初から布団が敷いて有る寝室付き。 ワオ~贅沢♪ 指定した時間になり、お食事処へ 豊洲亭でも思ったけど、夕食より朝食の方が断然イイ!!(^^;) この左下写真、前菜が乗ってるお皿が十勝川をイメージしているとかで、インパクト大!(笑) 右上写真の百合根の擦り流し鼈甲餡が、ちょっとクセある基本の出汁を上手に中和しまぁまぁも、百合根部分とのバランスが…(百合根が多すぎ、に対して餡少な目) 写真左下浅利の土鍋が薄味でイケました。 右下の夜食のお稲荷さんは、味普通なのと、この夕食後にはどうなんだろ~(^^;) やはり高級食材のクエがイチオシ。 身は鮟鱇のような上品な白身ですが、皮がプルプルゼラチン質で魚の脂にうっとり(笑) もっと食べたいけど、少量なのが美味しい記憶に残る秘訣かな♪ まだ湯溜めしてない時の、部屋付きお風呂。 大浴場は湯気の恩恵が全くないので、洗い場は寒く、渡り廊下で繋がっている第一ホテルの大浴場、現在日帰り入浴1500円は、塩素臭バリバリ全く行く気にならないので、部屋付きお風呂『笹井ホテル、共同一号井、町営3号の混合泉』、53.8℃(外気温:16℃)を湯溜めしてちょうど良い湯温になるまで時間を置き、何度も入浴し至極のひと時♪ 夕食時に「和食」か「洋食」を聞かれ、決めた時間に再び食事処へ。 私は和食をチョイス。 こんな朝食、毎日食べたい(笑) オットは洋食。 これにお代わり自由の第一ホテル自家製パン盛り合わせが付いてます。 クエの次に、この朝食ビュッフェがヨカッタ(笑) 野菜モリモリ、果物タップリ、ヨーグルトも選べ(ギリシャヨーグルトに罪はないが、花畑牧場w)、女性はテンション⤴でしょう♪ チョット贅沢しちゃったナ(笑)